2019年01月06日

英語を学ぶこと 教えること

 私の大好きな言葉に、こういうものがある。

「言語を学ぶことは、2つの人生を生きることを意味する。
 一つは日本人として。もう一つは、国際人として。」


 私は正にこの言葉の生き方を体験している。英語を学び、教える中で。

 海外で私は日本代表の気持ちだ。日本の文化やユニークな考え方などを人に伝えることを意識している。
 そして日本にいる時は、どっぷりこの世界に浸かってしまっては国際人としての考え方、感じ方を生徒に伝えることは出来ないから、自分が国際人であることを意識する。日本の面白いところやキレイなもの、不思議なことに心を震わせていたい。

 もう一つ、国際人を意識することで良いことがある。この安全な単一民族の国で暮らしていると、私だって安全な方向に流れて行ってしまいそうになる。大きな波に呑まれて漂いたくなってしまう。だから、敢えて少し違った目線も同時に持ち合わせる様にしている。私たちが普段当たり前と思っていることに、敢えて疑問を持ったり、では自分はどう思っているかと自分に問うてみたりすることで、世界の一員として漂わずしっかり自分らしく生きていける気がするのだ。

 私はそんな「国際人」をたくさん育てていくために、英語教師をしている。
ただ物理的に、ロボットの様に一字一句間違えず文章を作る人を目指すのではなく、つたなくても、自分が大事にしたいもの、人に伝えたいことを持っている国際人を育てたい。

 だから、今日も受け止める。
受け止める人がいないと、誰も発信出来ないから。
 指導者は上から情報を与えるだけの存在だと思われがちだけど、本当は「引き出して」「受け止める」仕事なんだ。

 尊い仕事なんだ。



同じカテゴリー(Nami先生の英語コラム)の記事画像
攻める
ハロウィンの思い出
英語スイッチ
英語の学び方
賞 what?!
英語の楽しみ方、もう一つ。
同じカテゴリー(Nami先生の英語コラム)の記事
 攻める (2019-01-10 13:48)
 ハロウィンの思い出 (2018-10-21 08:32)
 英語スイッチ (2018-10-18 14:28)
 英語の学び方 (2018-10-03 18:48)
 賞 what?! (2018-09-25 10:35)
 英語の楽しみ方、もう一つ。 (2018-09-17 11:12)