2017年12月28日

0から始めた英会話




 何かを信じ続けることは、とても勇気の要ることだと思います。私は英語教師として、『英語を教えること』をこの一年考え続けてきました。いえ、正確に言うと「私が今まで敢えて向き合ってこなかったことに嫌でも向き合わざるを得ない」、そんな一年でした。

 昨年末にいただいた生涯学習センターでのレギュラー講座の講師の仕事は、私がずっと夢に描いていたことでした。チャンスをくださったセンターは、単発講座を二度も開き、いずれも定員に達さなかったにも関わらず、受講生の声を聴いて私に賭けてくださいました
春には定員を越える応募があったことを知らされ、驚きと同時にプレッシャー。でも、そんな時だからこそ私は自分の軸をまっすぐ立て直す必要がありました。そして私の立てた軸は、
『英語を使って、自分の素晴しい能力に気付くこと』
でした。
それを目の前に形として見せてくださったのは、他ならぬ受講生の皆さん御自身。半年経った今、私は自分の立てた軸は間違っていなかったことを確信しました。

 4月にはHow are you?の質問に答える時も緊張気味で自信がなさそうだった皆さん、最初は紙やスクリーンを見ながら、しかし回を重ねる毎にサッと言葉が出てくるようになり、何も見ずにスラスラっと答えられ、笑顔が出てきました。そして今は軽いトークも笑顔で応じられます。
私から見ると、ものすごい勢いで殻を破り、どんどん前に進まれている皆さん、しかし数ヶ月が経つと明らかに元気がなくなられる方も。もしかして…と伺うと、やはり「他の人がすごく見える」と。
 
 大人の方を御指導している中で学ぶことはとても多いのです。子どもたちは不安な気持ちや、嬉しい気持ちがあっても、それを言葉で細かく描写することはしません。表情や声のトーンで私が確認して、想像して本人と向き合うのですが、大人の方々は日本語ですがとても上手に表現して伝えてくださります。なので、私は自分が忘れていた英語学習者の苦悩や喜びを改めて知ることとなります。それが本当に良かった。

 英語を熱心に「もっと上手になりたい」と思われる方々。私から見たら、その情熱と努力、成果はすべて繋がっています。ただご本人からしたら、自分が上達しているかどうか分かりにくい。語学学習の難しい部分です。言葉は習得が目に見えて計りにくく、自分がどこを走っているか分からなくなるのです。
そこで私がすべきことは、皆さんにどのくらい前に進んでいるかをお話することでした。毎回レッスンの中で何度も「こんなところが良くなっています」というのを細かく丁寧にお伝えしました。どうか、人と比べずに昨日の自分と比べる様に…と。

 皆さんに笑顔が戻ってきました。そしていただいた言葉の数々は、私にとっての宝物です。
「先生と出会えて良かったです」
「毎回英語を話す時間がとっても楽しいです」

御自身が英語でコミュニケーションを取っていることが魔法の様に感じられるかも知れませんが、それは皆さんが自分で持っている力なんです。
そしてそれは英語のみならず、ほかのどんなことでも同じなんです。皆さんが勇気を持って飛び込むことで、世界は広がる。
それに気付く機会を作るのが私の仕事だ、と強烈に感じました。少なくとも、私にとっての教師という仕事は教えるのではなく、旅のガイドみたいなものです。

 私が先日聴いて、是非シェアしたいと思った言葉で今年のレッスンを締めくくりました。

『外国の言葉や文化を学ぶことで
 人は二度生きることが出来ます。

 一度目は母国の人間として。
 そしてもう一度は国際人として。』


同じカテゴリー(Nami先生の英語コラム)の記事画像
ハロウィンの思い出
英語スイッチ
英語の学び方
賞 what?!
英語の楽しみ方、もう一つ。
言葉のキャッチボール
同じカテゴリー(Nami先生の英語コラム)の記事
 ハロウィンの思い出 (2018-10-21 08:32)
 英語スイッチ (2018-10-18 14:28)
 英語の学び方 (2018-10-03 18:48)
 賞 what?! (2018-09-25 10:35)
 英語の楽しみ方、もう一つ。 (2018-09-17 11:12)
 言葉のキャッチボール (2018-09-16 12:55)