2017年08月09日

夏の英語キャンプレポート DAY 2



 一日目の寝る前に、夜更かしする気満々だった子どもたちに、
『寝不足だと言葉が出て来ないのよ。日本語でも英語でも。先生もね、レッスンの前の日、英語を話す前の日は特にたくさん眠るのよ。明日は朝から英語モード。今日しっかり体休めて、明日いっぱいしゃべろうね!』
と声をかけました。なんとなく覚えていてくれたのか、『英語話さないかんけん、いっぱい寝なくちゃ』ってゆっくり体を休めた皆さんは、今日も朝から元気いっぱい!

 早起きしてシーツを片付けてベッドメイクをして、それぞれお部屋をお掃除。モップやほうきを上手に使うことが出来ました。迎えに来てくれたAC(アメリカンカウンセラー)と一緒に、芝生の上で英語版ラジオ体操!
そして、昨日からグループ単位で作っているオリジナルキャンプソングの練習。曲を選んで自分たちの知っている言葉を当てて歌を作り、更にそれに振りを付けて練習。今日はその発表会。みんなの顔が昨日よりも真剣です。
朝ご飯は、ACがお給仕してくれるので、みんなは自分が選んだメニューを伝えます。モリモリ食べて…キャンプソングを練習したら、今度はカーニバルタイム!各ブースにACがいて、風船を作ってくれたり、腕相撲をしたり、ボディペイントをしてもらったり、ゲームをしたり…楽しいこといっぱい。笑顔いっぱい。

 ランチ後はいよいよ英語会!それぞれのグループでキャンプソングの発表です。たった2日の数時間の練習とは思えない程、みんな上手に歌って振りを付けて、表現出来ました。しかもたくさんの人の前!!素晴らしかったです。

 楽しい時間もあっという間に過ぎて、卒業式。それぞれ修了書とバッジをもらいます。全員とハイタッチをして…いよいよお別れ。
私達もこっそりみんなで書いた1人1人への寄せ書きをプレゼントしました。秘密プロジェクトだったので、ワクワクしましたが、思った以上にACが感動してくれて…心が繋がった瞬間、引率の先生たちもグッと涙が溢れてきました。

 バスの中でみんなが見えなくなるまで手を振って、お別れ。しばらく習ったお遊戯やかけ声がバスの中に響いていました。みんな、ずっと忘れたくない、そんな気持ちで何度も何度もかけ声をかけ合っていました。
先生から最後の挨拶では、皆さんに出会いを大切にしてね、と言いました。たくさんの他教室の友達や先生、AC、日本人のお世話をしてくれた方々、そして自分も知らなかった自分自身との出会いです。あんなにダンスパーティーで自分が踊りまくるなんて、信じられなかった!そういう子どもたちがとても多かったです。みんなの中には、そんな熱いものがあるんだよ。そしてそれを信じてずっと諦めずに話しかけ続けてくれたACのことを思い出して、みんな自身が自分自身を諦めないこと。自分の中の可能性、熱い想いに気付いたみんなは、絶対に自分の夢を掴める人たち。これからも一緒に頑張ろうね!

 2日間の引率は、正直楽しい想いばかりではありません。最初グループの中でうまく輪に入って行けない子どもたちを見ると胸が苦しくなり、なんとかしてあげたい気持ちをグッとこらえて見守ります。不安そうにしている顔を見て辛くなり…でも我慢我慢
だからこそ、この2日間での子どもたちの成長に心から感動するんだと思います。帰りに周りの子どもたちと打ち解け笑い合う子どもたちを見ながら、安全に過ごせたことへの安堵感と、このかけがえのない2日間に携わることが出来たことに心から感謝するのです。

 


同じカテゴリー(Nami先生の英語コラム)の記事画像
言葉を学ぶこと
脱ガミガミ宣言④ 〜寄り添う?〜
僕の夢
問題です→ハロウィンっていつでしょう?
夏の英語キャンプレポート DAY 1
キャリア教育ハニラミ風
同じカテゴリー(Nami先生の英語コラム)の記事
 言葉を学ぶこと (2017-10-19 08:39)
 脱ガミガミ宣言④ 〜寄り添う?〜 (2017-10-06 13:03)
 僕の夢 (2017-09-12 13:39)
 問題です→ハロウィンっていつでしょう? (2017-09-06 13:05)
 夏の英語キャンプレポート DAY 1 (2017-08-09 14:27)
 キャリア教育ハニラミ風 (2017-07-26 17:35)