2018年08月30日

一生ものの宝物



 最近中学生があまりにもテストに振り回される様子を見ながらモヤモヤしていたところ、先日天国に旅立たれた さくらももこさん の記事を読んだ。エッセイ漫画を描こうと決めたまでの経緯の中に、彼女が出した作文から彼女の持つ才能を見つけ出して見せてくださった方がおられたこと。そこで背中を押されて、新しい発想に結びつき「ちびまるこちゃん」が誕生した。
 うん、やっぱり自分の信じた道を行こう、と思いました。

 子どもたちが自分の持っている大事なものを見つけることをサポートしたい。それが私の仕事。

 どの子も同じ様に点数を取らせることは、必要なのかもしれないけど、私がしたいことじゃない。その点では、ごめんなさい。 
 子どもたちの目がパッと開いた時に、成績が上がってるかも知れない。英検を取っているかも知れない。子どもたちやお家の方々は喜んでくださるけど、それは結果であって、私が目指しているものではありません。
 だから、「うちに来れば成績が上がります!」「英検○級合格!」という謳い文句は使いません。同じ英語の中でも子どもたちの得意は様々。
 その得意を一緒に見つけたい。弱点の方じゃない。

 得意を伸ばした子どもたちが、心の余裕で苦手なことも頑張っちゃうかも知れない。でも、それは私じゃなくて子どもたちの力。一緒に子どもたちを見守り応援してくださったおうちの方々のパワー

 私がしたいのは、子どもたちが持ってる宝物探しのお手伝い
それはきっと目先の何よりも子どもたちの一生モノの宝物だと思うから。  

2018年08月22日

集中する方法〜頑張れ!夏宿題ラストスパート〜



 こんにちは。夏休みの宿題が年々増えていると感じるのは、Nami先生だけでしょうか?
明らかに私が小学生の時よりも多い…
 ですが、嘆いていても始まらないので、挑みましょう。今日は一つ良い方法を見つけた(先生親子実験済み)ので、ご紹介しますね。

●15分集中法(必要なもの:タイマー)
①メモに「〜○時○分 P47まで」など目標を書き、タイマーで15分測る。
その間に絶対目標を達成させる!(と自分に言い聞かせる)

②タイマーが鳴ったら、5分休憩。(必ず休むこと)

③次の目標をまたメモして15分。


友達と一緒に勉強する時などでも、この方法だとダラダラおしゃべりにならずに良いですよ。
効果としては、最初無茶な目標設定をしてしまいますが、その内大体15分で出来る範囲を想像することができるようになる。
だんだんゲーム感覚になってきて、少しハードルを上げたら、意外とそこまですんなり終わって、また次ハードルを上げて…と自分で自分に挑むことができる!普段は見えない時間を目に見える状態にすることで、休憩の5分が愛おしい。
時間をとても大切に感じる、などなど。

 どうぞお家の方も一緒に「15分でこれをする!」って決めて取り組んでみてください。連帯感が生まれます。
私たちも、気がついたら15分を3回していて、「おぉ、45分も集中したんだ〜」って。自分でビックリ。面白いですよ。是非お試しくださいね〜♪

  今、宿題がどんどん増えて困っている皆さん、是非頑張って将来宿題を作る側の人になって、減らしてくださいね。まずはその一歩として宿題を終わらせよう

夏休み最後に皆さんが夜更かししたり、追い詰められたりするのを想像すると、先生はとても悲しいです
今からならまだ間に合う!この方法、是非トライしてみてくださいね♪  

2018年08月10日

英語キャンプ2018



 今年も当教室の目玉企画の一つ、4教室合同英語キャンプ(任意参加)が終了しました。
ハニラミからは、3年生から6年生までの7人が参加。

 このキャンプは、本当に参加しないとわからない、ものすごいインパクト自分を変える何かがある!!今年もそれを強烈に実感して帰ってきました。

 たったの2日間、それをフルに使ってどの瞬間にも子どもたちに全力で関わってくれた AC(アメリカンカウンセラー)の学生たち、間に入って細かいところまで私たちの希望を聞いて調整してくれたJC(日本人カウンセラー)。
 そして、今年も尊敬する大好きな先生方と感動を分かち合うことが出来ました。

 小一時間バスの中で自己紹介やおしゃべりを楽しみながらワクワク、到着したらすぐに子どもたちはACにお任せ。私たちはお風呂や就寝、起床、ベッドメイクなどの生活面でのサポートに回ります。何も起こらない限り、私たちは写真を撮ったり、全体の様子を見ながら過ごします。ACと一緒に英語だけの空間で活動する子どもたち、普段のレッスンとはまた違った顔を見せてくれて、私たちにも良い経験となりました。

 食事も、楽しいイベントもワークもスキット練習も、キャンプファイヤーもダンスパーティーもACと一緒。一瞬も隙間なく楽しいイベントが次々にあります。子どもたちの中で「英語を話す」ハードルがどんどん下がってくるのが見える様。
 そこには、「伝えたい!」という子どもたちの強烈な想いが溢れてきます。

 二日目は朝から英語モード。”Good morning!”と声をあげながら起きてくる子どもたち。寝起きの彼らに英語で質問してもスムーズに答えます。
 前日から練習している英語スキットを全員の前で発表したり、ACが用意してくれたお祭りに参加したり、バス出発の2時ギリギリまで楽しく過ごします。

 最後のお別れは、バスの窓を隔ててこの二日間一緒に歌った歌や、お遊戯の大合唱。
 ”Good bye!” “Bye bye”見えなくなるまで手を振って。。。

 すぐに「あ〜またすぐに会いたい!!」

 子どもたちのこれからに繋がるように、全力で愛情と情熱いっぱいにこどもたちに向き合ってくれた若いACたち。そしてまたいつか出会って、今度はもっとたくさん話したい!と希望に燃える子どもたち

 8月9日。この日にこの小さな集団の中で生まれた友情は、これからの世界平和への大きな希望につながっている。そう確信した今年の夏キャンプでした。