2018年04月29日

英語教室の選び方



 私は体験で見えた方々や、英語の先生になりたい方々に必ずお伝えすることがあります。
英語教室は様々で、英語教師は様々。それぞれの経験や知識を元に指導するのですが、その経験や知識の広がりがとにかく広いのです。
なので、当然それぞれかなりバラエティーに富んでいて、その中から自分らしいものを選び取る必要があるということです。

 どうぞ、自分のニーズに合う場所を選んでください。人が良いと言ったから、あの人の英語力が伸びているから…も大事かも知れませんが、皆さんが大切に思っていることと、その先生が大切にしていることは一緒ですか。そこを是非見てください。

 私は今の教室を始めてもうすぐ10年目に入ります。その前に塾や教室で国語、英語を教えていたことを考えると、20年以上教育に関わっていることになります。その中で、自分の経験から私にも自分スタイルが産まれました。教室を始めたばかりの頃は、みんなに100%好かれたいと焦ることもありましたが、今は100%であってはいけない、と思う様になりました。いろいろな人がいて、いろいろな考え方があっての社会です。
そこで、私の教室に来られる方々は、出来ればお見えになる段階で私と考え方が近い方々であって欲しい、私のスタイルを分かりやすくしておきたい。その想いからブログやyoutubeで発信を始めました。

 皆さんも、近くに気になるお教室があったら、どうぞ体験に行ってみてください。是非お子さんの声も聴いてみてくださいね。そして、次にその先生が発信しておられる何かしらをチェックしてください。英語教室は、お子さんが長い間関わる場所です。まずはおうちの方々が、お子さんに英語を通じて何を学んで欲しいかを出来るだけ具体的に描いてください。

 最後に、体験に行ったその場で決めない様にしましょう。訪問販売的なものはより、気を付けてください。必ず持ち帰って、お子さんと相談して、御自身もしっかりその習い事に向き合ってから、決めてくださいね。
私は以前少しだけ英語教材の営業に携わったことがありますが、その手法は当然いかにお客さんを落とすかにフォーカスされています。考え直したり、相談したりする時間をいかに与えずに判を押させるか、そこにお子さんやおうちの方々のご都合や希望は皆無です。
 体験に行ってからお断り…は気まずい…等思われる方もおいでですが、私がいつも皆さんにお伝えすることは、「申し訳ない…と思わずに『ハンバーグを食べたいと思っていたのに、間違ってお好み焼き屋さんに行っちゃった』くらいの感覚でお考えください。求めるものがそこになかった、というだけのお話ですので、そこは皆さんの感覚とお子さんの相性などを優先させてくださいね。」
 人に気を遣ったり、その場のノリで…では習い事が持続しない等後々に影響が出てきます。

 習い事選びは子どもファースト。その場のノリや噂などで判断せずに、おうちの方御自身がお子さんにプレゼントしたい力、願い、それに向き合う良いチャンスにしてみてくださいね。

 皆さんに良い出会いがありますように。