2018年09月05日

言葉と刃物



 英語教師として英語を指導してきて十数年になるが、常に感じているのは「英語を学ぶ理由」がいろいろだということ。理由が違うということは、目標も違う。
 将来必要だから、とお家の方が通わせている子どもたちは特に、自分自身に目標がないのに教室に通うのは大変だろう。そのためにまず私がすることは、その理由を作ること。それはいたって簡単。

「楽しいから」

 「楽しいから」それがあれば、なんでも頑張ることができる。
そんな訳で「楽しい」雰囲気、楽しくなる学び方を常に追求しながら、子どもたちと向き合っている。

 でも「楽しい」の中に必ず気をつけていることがある。それは「温かさ」「敬意」
相手をバカにしたり見下したりするために言葉があるとしたら、それはあまりにも悲し過ぎる。
「言葉は刃物にもなり得る」というが、それは事実。一生消えることのない傷を与えること、命を奪うこともできてしまう。それでいて、その刃物を使った本人は相手を傷つけたかどうかも気づかない場合がある。

 「言葉は刃物」だとすると、英語が話せるからと鼻にかけて人をバカにする人は、刃物の使い方を間違って振り回し、周りの人を傷だらけにしているということになる。とあるテレビ番組で、日常的に英語を使う幼稚園の園児が、東大生の英語力をバカにするという企画があったが、見ていて不愉快極まりなかった。
明らかに「刃物、使えるんだぞ、すごいだろう」と言いながら間違った使い方で周りを傷つけている。
そういうことを平気でさせてしまうのは、その刃物の使い方を教える指導者の問題だと思う。

 海外から来た人と話をしていると、その多くが「日本人の中で英語を話せる人は少ないが、時々英語は流暢なのにものすごい高飛車で人を見下す人に出会う」と言われることがある。「君は違うね」と言われてホッとするのだが、英語も日本語も言葉。言葉を使うことがとりわけ特別な訳でもないし、特に海外で生活をすると周り全員が英語を普通に話しているのを見て、今まで少しでも英語が話せて得意な気持ちになっていた自分を恥ずかしく思うこともある。

 言葉を教えるとき、その刃物を使ってどんな風に美味しい料理を作るか、またその刃物でどんなに心を込めて美しい木彫りを作るのか…「刃物が使える」こと自体よりも、その刃物を使っていかに人を笑顔にするか、人と温かい時間を共有できるか、に重点を置きたい。


 私は昔も今もこれからも、言葉をそんな風に教えていく。
そのために英語教師をしている。  

2018年08月10日

英語キャンプ2018



 今年も当教室の目玉企画の一つ、4教室合同英語キャンプ(任意参加)が終了しました。
ハニラミからは、3年生から6年生までの7人が参加。

 このキャンプは、本当に参加しないとわからない、ものすごいインパクト自分を変える何かがある!!今年もそれを強烈に実感して帰ってきました。

 たったの2日間、それをフルに使ってどの瞬間にも子どもたちに全力で関わってくれた AC(アメリカンカウンセラー)の学生たち、間に入って細かいところまで私たちの希望を聞いて調整してくれたJC(日本人カウンセラー)。
 そして、今年も尊敬する大好きな先生方と感動を分かち合うことが出来ました。

 小一時間バスの中で自己紹介やおしゃべりを楽しみながらワクワク、到着したらすぐに子どもたちはACにお任せ。私たちはお風呂や就寝、起床、ベッドメイクなどの生活面でのサポートに回ります。何も起こらない限り、私たちは写真を撮ったり、全体の様子を見ながら過ごします。ACと一緒に英語だけの空間で活動する子どもたち、普段のレッスンとはまた違った顔を見せてくれて、私たちにも良い経験となりました。

 食事も、楽しいイベントもワークもスキット練習も、キャンプファイヤーもダンスパーティーもACと一緒。一瞬も隙間なく楽しいイベントが次々にあります。子どもたちの中で「英語を話す」ハードルがどんどん下がってくるのが見える様。
 そこには、「伝えたい!」という子どもたちの強烈な想いが溢れてきます。

 二日目は朝から英語モード。”Good morning!”と声をあげながら起きてくる子どもたち。寝起きの彼らに英語で質問してもスムーズに答えます。
 前日から練習している英語スキットを全員の前で発表したり、ACが用意してくれたお祭りに参加したり、バス出発の2時ギリギリまで楽しく過ごします。

 最後のお別れは、バスの窓を隔ててこの二日間一緒に歌った歌や、お遊戯の大合唱。
 ”Good bye!” “Bye bye”見えなくなるまで手を振って。。。

 すぐに「あ〜またすぐに会いたい!!」

 子どもたちのこれからに繋がるように、全力で愛情と情熱いっぱいにこどもたちに向き合ってくれた若いACたち。そしてまたいつか出会って、今度はもっとたくさん話したい!と希望に燃える子どもたち

 8月9日。この日にこの小さな集団の中で生まれた友情は、これからの世界平和への大きな希望につながっている。そう確信した今年の夏キャンプでした。  

2018年03月07日

憧れ




 大好きなアーティストが『飛行機』を成功のシンボルとして歌っていたのが印象的だった。飛行機に乗るのが憧れだった少年時代。今はその飛行機で世界を飛び回っている…そんな歌。
それを聴いて、ふと思い出したことがある。

 私は飛行場に比較的近いところに住んでいたからか、子どもの頃は乗ったこともない飛行機が身近な存在だった。手を振れば乗客の誰かが目を留めてくれそうなくらい、飛行機が近い。飛行機を見たらいつも、手を振っていた。

 ある日、学校の社会の時間に「航空会社に手紙を書こう」という活動があった。私のグループが手紙を送る先は「大韓航空」。幼い頃から空を見上げていて、あの大胆な水色が綺麗だったので、嬉しかったのを覚えている。手紙の内容は、確か「今、社会で航空の勉強をしています。」という感じだったと思う。他に何て書いたんだったっけ…しばらくして、航空会社から返事が届いた。

 その時の喜びは、今でもドキドキするくらいよく覚えている。今みたいに世界の誰とでも簡単にコンタクトが取れる時代ではなく、増してや「雲の上の存在」だった外国の航空会社の人。届いたパンフレットを穴が空く程眺めた。その時に何かグッズみたいなものが入っていたけれど、舞い上がり過ぎてあまり覚えていない。ただただ嬉しかったこと、そしてパンフレットに載っている写真がとても綺麗だったことを覚えている。

 その10年後、憧れの飛行機に乗ることになる。私が初めて一人で海外生活をするために乗り込んだのは、大韓航空。幼い頃に見上げていた憧れのスカイブルーに乗って、私をひっくり返す旅に出た。

 それから更に21年経った今でも、過去の私のドキドキとワクワクは、私に同じくらいの興奮を与えてくれる。そしてその小さな点が繋がって線となり、大きなスクリーンになって私に実にいろいろなものを見せてくれたものだ…と思う。
 
 こうしている今、この一点もその大きなスクリーンを作り出す一つの点だと信じて、私は今を生きている。  

2018年02月24日

失敗を成功の素にするには




 小さい子どもから私よりも年上の皆さんまで、英語を御指導する中で気付くことがあります。それは「失敗したくない」という気持ちです。性格的なものもあるかもしれませんが、十分に克服出来る部分でもあります。実際、極度に失敗を恐れる方々が少しずつ失敗体験を乗り越えて大きく成長するのを常に間近で見ていますので、私は確信しています。
 しかし、その方法は様々。指導者の手腕だと思っています。毎回のレッスンが実践ですので、私は常にその部分だけに神経を集中させています。指導者として、いえ人として、人が自信を失ってしまう様な言葉や言い方で伝えることだけは、私の中では絶対に避けていることです。

 その結果、まず少しずつ私に心を開いて、失敗しても大丈夫だという経験をたくさんしてもらってから、"I can do it!"(出来る!)を体験。そうすれば、その先は自分でどんどん道を拓いていきます。それは子どもたちでも大人の方でも、我が子でも同じこと。

 私が絶対に避けていることとお伝えしたのは、「失敗したくない」方々の多くは、過去の他の人の言葉掛けでそうなってしまっている場合が多いからです。
生きていると、いろいろな感情や関係性から、人から言われたくない言葉をかけられることも多々あります。その言葉が心に突き刺さって長い間抜けないこともあります。
 私が心がけていることは、そのトゲを抜いていく作業。

 そして未知に向かう子どもたちには、「失敗をしなさい」と言います。失敗したら喜ばなくちゃ。先生が今まで身につけて来た力は、ほとんどが失敗体験の中からです。恥ずかしい思いもたくさんして、人から笑われることもあるでしょう。でも私達が見るのは「今」ではありません。常に「これを克服した自分の姿」を見ていきましょう。それは挑戦し続ける限り、必ずやってきます。失敗してそのまま終わらせてしまったら、それは失敗でしかありませんが、それを乗り越えた時に、それは失敗ではなくて輝く宝物になる訳です。

 私の教室の目標の一つは、Make mistakes. (失敗しよう)そして Respect others. (人を尊敬しよう)です。
人の失敗を「今の失敗」ではなく「成功への通過点」と見守ってくれる人が側にいることは、その人の人生に大きく影響すると思います。それが響き合う世の中になると、もっと自分らしく生きていけるでしょうね。

 この小さな教室から、それを少しずつ広めていく、それが私のライフワークです。  

2018年01月21日

Live your life.



 『これは私がどうしてもしたかったことだから、もしこの旅の中で私の身に何かあっても、どうか「行かせなければ良かった」とは思わないで欲しい』
そんな手紙を両親に残して、単身海外に渡った私。

 あれから20年後、同じ空港から我が娘が旅立って行くなんて。あの頃夢にも思わなかった。
1年前、留学と進学の方向性を娘が決めた時、二人で泣いた。娘の決断は自分の世界を広げることだったから、娘が希望を叶えるということは、もう一緒にいられる時間が少ないということを意味していた。
 そしてあれ以来、私達は泣くことも無くただ前を向いて歩いてきた。

 娘の出発の為に慌ただしく準備してきたのに、実際出発の日が来ることを想定していなかったのか、敢えてシミュレーションしてなかったからか、空港で「時間って、本当に過ぎるんだ」と不思議に感じた。嬉しいことも悲しいことも、来て欲しいことも来て欲しくないことも、必ずやってくる。
そんな当たり前のことを、とても恨めしく思った。これは素晴しいことじゃないか、と自分に言い聞かせてみても、今はただ、単純に淋しい。ただそれだけ。

 食事の時にいつも通りに5人分の食器を並べて、「あっ」と一つ棚に戻したり、夕方娘が帰ってくる時間に思わず待ってしまう。おやつを余分に買ってしまう、お弁当をもう一つ作ってしまう…しばらくそんな生活が続くのだろうけど、直に慣れるだろう。
そして気がついたら一年後、空港にまた迎えに行ってるんだ。そう、時間は過ぎるのだ

 娘が数日前に意味を教えてくれた、娘の好きな歌。これに励まされるのだと言っていた。
今は私のお気に入り。この歌を娘に贈ろう。

♪君はそのままで 僕の最高の人
ビビる必要なんかない
誰がなんて言ったって 君はそれでいいんだ
君は強い
君の人生を生きたらいいよ
21세기 소녀 〜21世紀少女〜by BTS

(一部抜粋要約)
  

2017年12月02日

寒い冬のお話




 寒くなってきましたね。冬も毎年よく忘れずにやってきてくれるものだ、と感心します。
寒くなってくると思い出すことがあります。今日は私の若い頃の放浪旅のお話にお付き合いください。

 若い頃、暇さえあれば手元にあるお金で行けるところに旅をしていました。必然的に一番ご近所の韓国に行くことが多くなるのですが、安いフェリーや高速船を使い、現地で旅館(ヨグァン)と言われる格安宿を見つけて泊まる、というエコ旅でした。

 その時も、ソウルで宿を探して泊まることにしていたのですが、宿のある中心地に着くまでにあちこち寄り道をしてしまい、暗くなってからの到着になりました。お目当ての宿は満室で、「明日また来てくれるか」と言われたので、困っていると「あ、待って。そう言えば、一部屋あった!」と言われ近くの少し古めの建物に案内されました。離れの様な部屋に入り、歩き疲れていた私はそのまま眠ってしまいました。

 翌朝目覚めて、シャワーを浴びたいと宿の女性に伝えたところ、広い浴場に案内されました。ただ、寒い朝の風呂場はキンキンに冷えていて、大勢が入れそうな広さの中一人でシャワーを浴びると、寒さが増します。シャワーを出してみたらしばらくお湯が出ず、やっと出たお湯もほんのわずか。よし、ここは一気に浴びてしまおう、と最初にシャワーで体を温めてからシャンプーを泡立て、そのままボディーソープで体も泡立てました。一気にお湯にかかってサッと上がろう!
 ところが次に蛇口をひねった時、さっきまで出ていた熱いお湯はもう無く、氷の様に冷たい水がショボショボと出てくるだけでした。目に泡が入るので薄目を開けながらなんども蛇口やその周りを確認、しかしショボショボと出る水の勢いもどんどん弱まっています。仕方なく頭からその氷水をかぶってみましたが、あまりの冷たさに途中で諦め、タオルで残りの泡を拭き取ってなんとか風呂を後にしました。

 その時の気持ちの悪さと水の冷たさ、誰にも頼れない状況は、今では思わず笑ってしまう良い思い出です。このことを思い出すと、多少寒くても「あの時に比べたら〜」と、笑って過ごすことが出来るのです。