2019年03月03日

それぞれの持ち味



 私は人の能力をを見る力があり、またそれを言葉にして伝えるのがとても得意です。



 この持ち味に気付かずにずっと生きてきた私は、人の感情や雰囲気が視覚的に見える自分の特性に、とても苦しめられてきました。

いじめられている子が感じる前に、その子の中にある悲しみの感情を受け取ってしまうし、「あの子を仲間はずれにしよう」と企てている人たちが行動に移す前にわかってしまう。先生一人一人の機嫌も手に取るようにわかるし、私自身に向けられた怒りでなくても、負の感情を強く感じてしまう私には苦しい時間が多かったことを覚えています。毎朝、仲良しの子の機嫌が今日はよかったらいいな、と願いながら学校に行っていました。



 正に人の感情に振り回される子ども時代だったのです。そこにメリットは全くなく、でも他の人も同じに違いないと信じていたので、みんな頑張って生きているんだから、と自分をただ奮い立たせ続けて生きてきました。



 さて、生まれて40年以上経った今、私は母親として指導者として自分の大半の時間を過ごしています。人の感情を吸い込んでしまうのに、なぜ敢えてこれ程までに人にまみれる生活を選んでしまったのか、自分ではわからないままに引き寄せられてきましたが、やっと自分の才能を活かすことが出来ているのだと気付きました。

 子どもを育ててみて、また教育者になってみて、大人がよく子どもに言って聞かせる「人の気持ちになって」とか「相手の立場に立って」ということが、他の人にとって意外と難しいことなのだと気付いたのです。


 私にとってそのハードルはとても低く、相手の気持ちになって涙を流すことも度々あります。子どもたちが何も言わなくても、その子どもたちの気持ちや悩みを感じる私に、子どもたちが次第に集まる様になってきました。



 人の気持ちが視覚的に見える、というと大げさですしオーラの様なものが見えるのか、といわれると私はそんな非科学的な言い方はあまり好みませんが。少なくとも学校勤務の時は、毎日授業をするクラス一つ一つに入った瞬間に、そのクラスのその日の雰囲気が見えていました。そこでその日のレッスンプランを少し変えることもありました。今、自分のレッスンでも教室に入ってきた瞬間に、子どもたち一人一人のその日のムードがわかります。

 何も状況をコントロール出来ない子ども時代を過ごし、大人になって変わったのは、大人だとその特性を能力として活かせる、というところでした。選択の余地なく与えられ続ける子ども時代から、自分で選べる場面が格段に増えたことは、何よりの救いでした。



 私は教育の中でも「出来ないことを指摘する」のではなく「励ます」方を選びました。どんなに大人を困らせる子でも絶対何か良いものを持っていて、それに本人も周りも気付いていないだけなのだ、という考えの下本人やお家の方にその子の良いところを見つけて伝える活動を始めました。



 そこで驚いたのは、そこからの本人の伸びと、お家の方の喜びの声。気付かないことに気付いてくれた、と感謝の声をたくさんいただきました。
でも何よりも、今まで負の感情をたくさん吸い込んできた私は、こうして人の幸せや希望にあふれた感情に触れることで、とても生きやすくなったのです。



 そう思うと、世の中にはいかに負の感情が多いことでしょうか。不安やねたみ、自信の無さや憎しみ、でも自分に可能性を見出した人は強いです。自分を信じて生きていくことは、希望そのもの。私は今自分がとことん迷惑してきた自分の特性を、自分だけでなく周りの人も幸せになる能力として認めることが出来ました。



 冒頭の言葉は、過去の負の感情にまみれた私からは出てこなかった言葉です。しかし周りの人たちとの関わりの中で、自分の能力を見出し自分を認められたからこそ、今こうして堂々と皆さんにお伝え出来るのです。



 もう一度言います。人は必ず宝物を持っています。その能力で自分も周りの人も幸せになることが出来ます。

 出来ないことばかりに注目してしまう社会ですが、出来ないことがあるのならば、その反対だって必ずあります。



 自分に出来ること。
 したいこと。好きなこと。



 それに目を向けていきませんか。一緒に探しましょう。
あなたの辛さは、きっとあなただけでなく、誰かの喜びに変わります。
   

2019年01月06日

英語を学ぶこと 教えること

 私の大好きな言葉に、こういうものがある。

「言語を学ぶことは、2つの人生を生きることを意味する。
 一つは日本人として。もう一つは、国際人として。」


 私は正にこの言葉の生き方を体験している。英語を学び、教える中で。

 海外で私は日本代表の気持ちだ。日本の文化やユニークな考え方などを人に伝えることを意識している。
 そして日本にいる時は、どっぷりこの世界に浸かってしまっては国際人としての考え方、感じ方を生徒に伝えることは出来ないから、自分が国際人であることを意識する。日本の面白いところやキレイなもの、不思議なことに心を震わせていたい。

 もう一つ、国際人を意識することで良いことがある。この安全な単一民族の国で暮らしていると、私だって安全な方向に流れて行ってしまいそうになる。大きな波に呑まれて漂いたくなってしまう。だから、敢えて少し違った目線も同時に持ち合わせる様にしている。私たちが普段当たり前と思っていることに、敢えて疑問を持ったり、では自分はどう思っているかと自分に問うてみたりすることで、世界の一員として漂わずしっかり自分らしく生きていける気がするのだ。

 私はそんな「国際人」をたくさん育てていくために、英語教師をしている。
ただ物理的に、ロボットの様に一字一句間違えず文章を作る人を目指すのではなく、つたなくても、自分が大事にしたいもの、人に伝えたいことを持っている国際人を育てたい。

 だから、今日も受け止める。
受け止める人がいないと、誰も発信出来ないから。
 指導者は上から情報を与えるだけの存在だと思われがちだけど、本当は「引き出して」「受け止める」仕事なんだ。

 尊い仕事なんだ。

  

2018年10月18日

英語スイッチ




 ホームステイの受け入れをした。今回は息子と同じ年齢の女子高生。我が子同様に話しかける一週間。そこで改めて思ったこと。
その一週間が丸々、我が子には日本語、その子には英語と二つの言語をほぼ同時進行で話し続ける毎日だった。その中で、私の頭の中は英語のスイッチと日本語のスイッチをガシャガシャ押したり切ったり。英語スイッチ入れっぱなしで日本語を話すと、我が子に向かって変な日本語を話していたり。やっぱり言葉を話す時私たちの中には明確なスイッチがあるぞ、と気付きました。

 英語を話していると、よく聞かれるのが「何語で考えてるんですか」という質問。
そこで考える。日本語で話している時、日本語で考えてるかしら。ドラマみたいに心の声がクッキリハッキリ聞こえてきませんよね。
多分絵みたいな、イメージみたいなものが頭の中にボワワワンってあって、それを何語を使って表そうか、って考えるんだと思います。
私のイメージとしては、そこで相手が英語しか通じない人だったら、英語スイッチにガシャンと入れる。韓国語なら韓国語、日本語なら日本語、その時にふさわしい言語を、自分の能力に合わせて出すんだと思う。他言語じゃなくても、例えば日本語だったら相手によって敬語で話したりフランクに話したりする。
また、相手が同郷の人ならお国言葉で話したりする。そういうイメージ。その時頭の中は標準語ですか、方言ですか、って聞かれてもわからないですよね。

 ということで、必ず言葉を話すときは頭の中にあるイメージを外に出すための出口を決めるスイッチがあると思うんです。
 
 そこで、中学生や日本人がどうして英語を知っているのに出せないか、という疑問の答えにたどり着きました。
導き出した答えはこれです。「中学校になると英語を日本語で習うから」結局内容は英語ですが、授業は「日本語」の授業に他ならないからです。スピーキングに必要なのは、英語スイッチに入れた状態を保つ練習。
日本語スイッチに入ったまま英語という教科を習うことは、英語スイッチを作っているだけの作業で実際作動させる方法を学んでいない状態なのだと思います。

 今後本気で英語を話せる人を育てよう、と考えるのであれば、英語スイッチにいれたまま会話をする時間を増やすことです。それは学校だけの問題ではありません。家庭でも、友達どうしでも、いつでもどこでも出来ること。

 英語、話せたら絶対いい!
人生がもっともっと楽しい
是非みなさんの英語スイッチ、動かしてみてください。

 
  

2018年09月17日

英語の楽しみ方、もう一つ。



 ある時、生涯学習センターの大人の生徒さんに私が、「 "I" は、"私"だけでなく、"俺" "ぼく" "わし" "おいどん" "わたくし"…など自分を指す言葉全部を表す言葉なので、自分がなりたい自分を英語で再び楽しんでください♪とお伝えしたところ、面白いご質問がありました。

 ご質問は「では翻訳本の日本語はどうなっているのか」といったものでしたが、実にいい質問です!
 ズバリ、それは御察しの通り、その世界を翻訳者の方の感じ方を通しているのです。
「そんなこと、当たり前」と思われる方も多いでしょうが、実際よく考えてみると原書で作者が思ったことがそのまま翻訳されているとは限らない、ということですよ。もしかしたら、Iを「僕」のイメージで書いていたけれど「俺」と訳されていることもあり得る、ということです。
 結構本の世界観から考えると、重大なことではないでしょうか。ちなみに私は大好きなボブ・グリーン氏のコラムがいろいろな人に訳されているので、それぞれの本を読むたびに若干の違和感を覚えます。それぞれの感じ方が違うので、同じ人のコラムなのに印象が違うのです。

 質問にお答えしながら、私も改めて「気に入った本は是非原書を読みたい」と思いました。
 秋の夜長、英語の本を自分の世界を通して読んでみられませんか。ポイントは、簡単な子どもの絵本からトライすると良いようです。図書館の児童図書コーナーにあるような、簡単な洋書絵本を読みながら、「俺」でも「ぼく」でもない、自分の感じる "I"を体験してみましょう。

 
  

2018年09月10日

ルールについて考える



 娘にカナダの学校生活の話を聞いていると(ここぞとばかりに、項目をたくさん作って娘に送りつけ、教育関連の現地の調査をしています)、授業中の水分補給 OK。もっと言えば軽食もOK。先生も食べながら授業してることがあるとか。
ピアス、タトゥー、髪の色、自由。ドレスコードは調べたら結構あったけど、納得いくものばかり。
 一定の理解が出来ていない場合は落第。。。などなど。

 何が良い悪いではない。それぞれが尊重すべき文化背景もあるから。ただ、教育について考える時、やはり比較対象があった方が考えやすい。一つだけしか知らないことは、とても怖いこと。そこで考える、今の日本のルール。校則。暗黙の了解。。。
 ただ黙って言うこと聞いてたら、怒られもしなくて楽だから。そういう理由で「ただ従う人」を育ててしまって、いいの?

 だから、自分の教室のルールは真剣に考えている。
教室ルールは
①Listen to others.
(人の言うことにしっかり耳を傾ける。先生だけでなく誰に対しても)
②Make mistakes.
(失敗しても気にしない、とかではなく、積極的に失敗しよう)
③Let's have fun.
(楽しもう)

 後は臨機応変で話し合う。例えばおもちゃを持ってくる子どもには「レッスンが始まったらしまおうか。目的が違うからね。」すんなり納得。これは比較的わかりやすい。

 でも時々「うーん」と悩んでしまうこともある。それが面白い。

 教室ではレッスン中の水分補給はOK。自分のタイミングを自分で掴みなさい、と伝えている。私にはわからないからね。トイレのタイミングも水分補給のタイミングも、みんな自分の体の声を聞く大切な練習。
でもそこで、ジュースを持って来た子がいた時は、考えた。
「みんな欲しがらないかな?」と聞いてみた。
そしたら「欲しがったら、みんなで分けるからいい」と。
あはは。これには参った。

 一つ一つの会話から、子どもの性格や良いところがたくさん見えてくる。笑いながら、お互いの意見を受け止め合いながら、良い授業、いや良い時間を作っていきたい。
お互いにとって、大切な人生の大切な時間なんですもの。  

2018年08月22日

集中する方法〜頑張れ!夏宿題ラストスパート〜



 こんにちは。夏休みの宿題が年々増えていると感じるのは、Nami先生だけでしょうか?
明らかに私が小学生の時よりも多い…
 ですが、嘆いていても始まらないので、挑みましょう。今日は一つ良い方法を見つけた(先生親子実験済み)ので、ご紹介しますね。

●15分集中法(必要なもの:タイマー)
①メモに「〜○時○分 P47まで」など目標を書き、タイマーで15分測る。
その間に絶対目標を達成させる!(と自分に言い聞かせる)

②タイマーが鳴ったら、5分休憩。(必ず休むこと)

③次の目標をまたメモして15分。


友達と一緒に勉強する時などでも、この方法だとダラダラおしゃべりにならずに良いですよ。
効果としては、最初無茶な目標設定をしてしまいますが、その内大体15分で出来る範囲を想像することができるようになる。
だんだんゲーム感覚になってきて、少しハードルを上げたら、意外とそこまですんなり終わって、また次ハードルを上げて…と自分で自分に挑むことができる!普段は見えない時間を目に見える状態にすることで、休憩の5分が愛おしい。
時間をとても大切に感じる、などなど。

 どうぞお家の方も一緒に「15分でこれをする!」って決めて取り組んでみてください。連帯感が生まれます。
私たちも、気がついたら15分を3回していて、「おぉ、45分も集中したんだ〜」って。自分でビックリ。面白いですよ。是非お試しくださいね〜♪

  今、宿題がどんどん増えて困っている皆さん、是非頑張って将来宿題を作る側の人になって、減らしてくださいね。まずはその一歩として宿題を終わらせよう

夏休み最後に皆さんが夜更かししたり、追い詰められたりするのを想像すると、先生はとても悲しいです
今からならまだ間に合う!この方法、是非トライしてみてくださいね♪  

2018年07月14日

自分で掴める人になれ



 最近教室からの卒業生の話を聴いていると『高校でも英語が楽しい』『高校の英語のテストは常に高得点』と言われます。その結果よりも嬉しいのは、英語がその子を励まし明るくしているものになっていることです。

 中学生は、とかく受け身の学習になってしまいます。「塾にさえ行っていれば、点数が上がる」そんなことがあるなら魔法です。上がっている子は、塾でも学校でもしっかり自分に必要な物を自分から受け取っているのでしょう。ただその場にいるだけの子は、どこにいても必要な物を得てはいないのです。

 「受け身」に慣れ過ぎると、高校以降で苦労します。自分で動かなければいけない時に、動けない

 私が教室でしていることは、自分から掴む事です。
昨日中学生に『先生の教え方は分かりやすい』と言われて励みになりましたが、それは受け取り手のあなたが、しっかり必要なものを受け取って活かしているからだよ。と伝えたいです。とにかく授業中の質問が多くて素晴しい。大小様々ですが、私も唸る程の良い質問がたくさん出てきます。

 掴んで活かす。
実はとても難しいことです。でもそれが出来る様になれば、これからの人生、主体的に生きていけます。勉強や仕事でもクリエイティブになれます。そんな人生は楽しいものです。

 今年から、中学生は1年生が終わると同時に卒業になります。1年生の間に自分で掴むことを学び、2年、3年でそれを自分のモノにして欲しい、という気持ちと、私自身のワークライフバランスのためです。

 ということで、今、魂の授業展開中。
しっかり受け取ってくれてるみんな、ありがとう。  

2018年06月19日

幸せになるために



 よく「英語教室に行けば英語が出来るようになる」と思う子がいますが、それはある意味正しくて、ある意味間違っています。

 私は家でも教室でも、子どもたちに「自分の人生を生きる」ことを伝えたいと思っています。
口を開けて何かが入って来るのをジッと待っているような子がいます。そういう子は、まず伸びません。伸びしろはたくさん見えているけど、本人が伸びようとしていないのです。ただ、その子がひとたび自分から掴みに行った時の伸びは本当にすごい。感動ものです。
 私の仕事は、まず一人一人の子が自分で掴もうと思えるように、言葉をかけたりレッスンの中に仕組みを作ったりすることなのです。

 子どもたちには時々話をします。『先生はレッスン中、みんなにボールをいっぱい投げてる。それをみんなが受け取るかどうかは、みんな次第。でも、確実に言えるのは、しっかりキャッチしようとしてくれている子は伸びてる。きっと学校でもおうちでも、いっぱい良いものをいろいろな人が投げてるけど、それに気付かない人もいる。自分からボールを取れる人になろう。』

 誰かがしてくれることを待ってる。出来なかったら、人のせいにする。そんな人は大人になっても伸びません。もちろん英語教室や塾に行ったからといって、何も身につかないでしょう。

 もう一つ、お話ししておきたいことが。
いろいろな場所の『○○高校に○人合格!』は、ダイエットの『これをしてマイナス15キロ!』と何ら変わらないということです。『これを聴いているだけで、英語がペラペラに』と同じことなのです。出来た人がいる、でも出来ない人も山ほどいる、そういうお話です。
特に『英検を○歳で○級合格!』にお子さんを重ねないでください。
英語も一つの趣味みたいなもので、国旗を覚えたり、電車の名前を覚える様に、英語にハマる子が時々います。それは人の趣味趣向の問題です。そこで英検がその子にとってさほど高い壁ではなかった、というのはその子にだけ当てはまる事で、みんなに当てはまる訳ではないのです。

 憧れやモデルは自分が向上していく上で必要だと思いますが、それをお子さんに重ねないでください。お子さんは、希望していないモデルに当てはめられた時、とても苦しい想いをするからです。子どもたちは健気に親の思う様になろうと務めますが、本当にしたいことに合致していない場合は、ものすごい無理がかかってしまいます。そしてモデルの様になれずに、おうちの方を悲しませることが、一番お子さんにとっては辛い事なのです。結果、自己肯定感が低くなり、自分なんて…ということにもなりかねません。
 お子さん自身のことを伸ばす方に目を向けた方が、ずっと親子共幸せでいられるのです。人は好きな事には一生懸命になります。あなたにしかないもの、あなただから出来る事。それを嬉しく見守ってくれる人がいたら、いつまでも自分らしく生きていくことが出来るでしょう。

 当英語教室にも、毎日の様にミラクルは起きていますが、私が「英検○人合格」や「○○高校合格」を掲げないのは、そういう理由からです。
お子さんが自分で憧れるもの、それがお子さんを素敵な未来に導きます。
そのために私たちが出来る事は、とてもシンプルなのです。
  

2018年03月12日

『言ってみて良かった』



スピーチの練習中に、『特に伝えたい部分に星印つけておこう』と言うと、一人の生徒が『先生は、星印をどこから始めますか?』と聞いた。

『え?右下』と言うと、『えぇ〜?』と予想外の反応。
聞くと、そこにいる生徒と私、皆書き出す場所が違っていた
『これは面白いよ!すごい発見したね。明日学校でみんなに聞いてごらん。おうちでも聞いてごらん。』
しばらく人の描き方を真似してみた。
『描きにくい。。。』
やっぱり自分が慣れているのが一番描きやすくて形も整っている。

このふとした一言から、私は「自分が当たり前だと思っている事が、それぞれ違う事。そしてどれも星がきちんと描けている、という点で正解であるということ」という、かなり深いことを学ぶ機会を得たと思った。
率直に生徒に感謝すると、照れくさそうに、嬉しそうに
『言ってみて良かった』

不思議や疑問を一緒に考えるの、楽しいね。
そして、みんな違って、みんな良いんだってことが分かって、嬉しかったね。

英語教室だけど、この旅路は道草が実に多いんです。
それが、私の教室なんです。
道草だらけだけど、でもみんな力、付けてるんです。

そして何より…
『言ってみて良かった』
なんて言葉が自然に出る場所、最高じゃありませんか。

子どものクラスでも、大人のクラスでもどこでも、その日に発言してくれた皆さんにはレッスンの最後に『ありがとう』と言います。
『このレッスンを、一緒に作ってくれて、ありがとう。あなたのお陰で、今日のレッスンは学び深いものになりました』と。
私にとって、レッスンはナマモノ。ライブなんです。  

2018年02月27日

自分を引っ張り出す




 教室では春の発表会に向けて、各クラス準備中。2年以上英語を学んでいる6年生は、英語スピーチ制作中です。
実は私、この作業が大好きなんです。元々日本語でも英語でも文章を書くのが好きで、物を書く仕事もしていましたので、作文指導は得意中の得意。まずは日本語と英語の壁を取り払って、自分の言いたいことをただ、オリジナルのシートに書き込みます。

 そこからが面白い。
子どもたちが書くのは、大体「〜になりたい」「〜が好き」という事実のみ。
そこで、その理由を尋ねます。

「え?何となく」

『あのね、「何となく」っていう理由ってありそうで、実は無いのよ。必ず何か理由があるはずだから、ちょっと引っ張り出してみようか』
インタビュー方式で、子どもたちの心の中を探ります。

一つ一つの理由を探る、自分と向き合う旅の始まり。
そして、必ず出て来るんです。会話の中で子どもたちの内から出てくるイメージや簡単な言葉を、一緒にかき集めます。
イメージで出て来るものを一緒に感じながら、それを習った英語に落としていく。その作業がまた楽しい。

「その表現、ここで使えるんだ!」
「こんな言い方したら、まどろっこしくなくてストレートに伝わるね。」


 最初は「え?何となくですよ〜」と言っている子どもたちの顔が見る見る明るくなっていって、自分探しの旅を楽しむ様になります。
その過程がたまらなく楽しいのです。出来上がったスピーチは世界に一つだけ。
その子の心の中がキレイな言葉で整理され、表現された物になります。

 さて、スピーチが出来たら次はどんな風に話したら、人に伝わるだろう。
「伝える」を探す旅。
まだ終わらない旅。産みの苦しみがあるからこそ、産まれた物は美しい。

 後一ヶ月。

教室で一緒に学んできたことでどんなことが出来るかを、一緒に体験します。
その中で私自身も子どもたちに励まされ、勇気づけられ、また気持ち新たに新年度を頑張ることが出来るのです。

本気で自分と向き合う経験をすれば、表現する力がつけば、これから先自分の力でしっかり歩いていけるでしょう。
「なんとなく」と言いながら生きていくよりも、ずっと楽しくて学びの多い人生になると信じています。