2018年07月14日

自分で掴める人になれ



 最近教室からの卒業生の話を聴いていると『高校でも英語が楽しい』『高校の英語のテストは常に高得点』と言われます。その結果よりも嬉しいのは、英語がその子を励まし明るくしているものになっていることです。

 中学生は、とかく受け身の学習になってしまいます。「塾にさえ行っていれば、点数が上がる」そんなことがあるなら魔法です。上がっている子は、塾でも学校でもしっかり自分に必要な物を自分から受け取っているのでしょう。ただその場にいるだけの子は、どこにいても必要な物を得てはいないのです。

 「受け身」に慣れ過ぎると、高校以降で苦労します。自分で動かなければいけない時に、動けない

 私が教室でしていることは、自分から掴む事です。
昨日中学生に『先生の教え方は分かりやすい』と言われて励みになりましたが、それは受け取り手のあなたが、しっかり必要なものを受け取って活かしているからだよ。と伝えたいです。とにかく授業中の質問が多くて素晴しい。大小様々ですが、私も唸る程の良い質問がたくさん出てきます。

 掴んで活かす。
実はとても難しいことです。でもそれが出来る様になれば、これからの人生、主体的に生きていけます。勉強や仕事でもクリエイティブになれます。そんな人生は楽しいものです。

 今年から、中学生は1年生が終わると同時に卒業になります。1年生の間に自分で掴むことを学び、2年、3年でそれを自分のモノにして欲しい、という気持ちと、私自身のワークライフバランスのためです。

 ということで、今、魂の授業展開中。
しっかり受け取ってくれてるみんな、ありがとう。  

2018年06月19日

幸せになるために



 よく「英語教室に行けば英語が出来るようになる」と思う子がいますが、それはある意味正しくて、ある意味間違っています。

 私は家でも教室でも、子どもたちに「自分の人生を生きる」ことを伝えたいと思っています。
口を開けて何かが入って来るのをジッと待っているような子がいます。そういう子は、まず伸びません。伸びしろはたくさん見えているけど、本人が伸びようとしていないのです。ただ、その子がひとたび自分から掴みに行った時の伸びは本当にすごい。感動ものです。
 私の仕事は、まず一人一人の子が自分で掴もうと思えるように、言葉をかけたりレッスンの中に仕組みを作ったりすることなのです。

 子どもたちには時々話をします。『先生はレッスン中、みんなにボールをいっぱい投げてる。それをみんなが受け取るかどうかは、みんな次第。でも、確実に言えるのは、しっかりキャッチしようとしてくれている子は伸びてる。きっと学校でもおうちでも、いっぱい良いものをいろいろな人が投げてるけど、それに気付かない人もいる。自分からボールを取れる人になろう。』

 誰かがしてくれることを待ってる。出来なかったら、人のせいにする。そんな人は大人になっても伸びません。もちろん英語教室や塾に行ったからといって、何も身につかないでしょう。

 もう一つ、お話ししておきたいことが。
いろいろな場所の『○○高校に○人合格!』は、ダイエットの『これをしてマイナス15キロ!』と何ら変わらないということです。『これを聴いているだけで、英語がペラペラに』と同じことなのです。出来た人がいる、でも出来ない人も山ほどいる、そういうお話です。
特に『英検を○歳で○級合格!』にお子さんを重ねないでください。
英語も一つの趣味みたいなもので、国旗を覚えたり、電車の名前を覚える様に、英語にハマる子が時々います。それは人の趣味趣向の問題です。そこで英検がその子にとってさほど高い壁ではなかった、というのはその子にだけ当てはまる事で、みんなに当てはまる訳ではないのです。

 憧れやモデルは自分が向上していく上で必要だと思いますが、それをお子さんに重ねないでください。お子さんは、希望していないモデルに当てはめられた時、とても苦しい想いをするからです。子どもたちは健気に親の思う様になろうと務めますが、本当にしたいことに合致していない場合は、ものすごい無理がかかってしまいます。そしてモデルの様になれずに、おうちの方を悲しませることが、一番お子さんにとっては辛い事なのです。結果、自己肯定感が低くなり、自分なんて…ということにもなりかねません。
 お子さん自身のことを伸ばす方に目を向けた方が、ずっと親子共幸せでいられるのです。人は好きな事には一生懸命になります。あなたにしかないもの、あなただから出来る事。それを嬉しく見守ってくれる人がいたら、いつまでも自分らしく生きていくことが出来るでしょう。

 当英語教室にも、毎日の様にミラクルは起きていますが、私が「英検○人合格」や「○○高校合格」を掲げないのは、そういう理由からです。
お子さんが自分で憧れるもの、それがお子さんを素敵な未来に導きます。
そのために私たちが出来る事は、とてもシンプルなのです。
  

2018年03月12日

『言ってみて良かった』



スピーチの練習中に、『特に伝えたい部分に星印つけておこう』と言うと、一人の生徒が『先生は、星印をどこから始めますか?』と聞いた。

『え?右下』と言うと、『えぇ〜?』と予想外の反応。
聞くと、そこにいる生徒と私、皆書き出す場所が違っていた
『これは面白いよ!すごい発見したね。明日学校でみんなに聞いてごらん。おうちでも聞いてごらん。』
しばらく人の描き方を真似してみた。
『描きにくい。。。』
やっぱり自分が慣れているのが一番描きやすくて形も整っている。

このふとした一言から、私は「自分が当たり前だと思っている事が、それぞれ違う事。そしてどれも星がきちんと描けている、という点で正解であるということ」という、かなり深いことを学ぶ機会を得たと思った。
率直に生徒に感謝すると、照れくさそうに、嬉しそうに
『言ってみて良かった』

不思議や疑問を一緒に考えるの、楽しいね。
そして、みんな違って、みんな良いんだってことが分かって、嬉しかったね。

英語教室だけど、この旅路は道草が実に多いんです。
それが、私の教室なんです。
道草だらけだけど、でもみんな力、付けてるんです。

そして何より…
『言ってみて良かった』
なんて言葉が自然に出る場所、最高じゃありませんか。

子どものクラスでも、大人のクラスでもどこでも、その日に発言してくれた皆さんにはレッスンの最後に『ありがとう』と言います。
『このレッスンを、一緒に作ってくれて、ありがとう。あなたのお陰で、今日のレッスンは学び深いものになりました』と。
私にとって、レッスンはナマモノ。ライブなんです。  

2018年02月27日

自分を引っ張り出す




 教室では春の発表会に向けて、各クラス準備中。2年以上英語を学んでいる6年生は、英語スピーチ制作中です。
実は私、この作業が大好きなんです。元々日本語でも英語でも文章を書くのが好きで、物を書く仕事もしていましたので、作文指導は得意中の得意。まずは日本語と英語の壁を取り払って、自分の言いたいことをただ、オリジナルのシートに書き込みます。

 そこからが面白い。
子どもたちが書くのは、大体「〜になりたい」「〜が好き」という事実のみ。
そこで、その理由を尋ねます。

「え?何となく」

『あのね、「何となく」っていう理由ってありそうで、実は無いのよ。必ず何か理由があるはずだから、ちょっと引っ張り出してみようか』
インタビュー方式で、子どもたちの心の中を探ります。

一つ一つの理由を探る、自分と向き合う旅の始まり。
そして、必ず出て来るんです。会話の中で子どもたちの内から出てくるイメージや簡単な言葉を、一緒にかき集めます。
イメージで出て来るものを一緒に感じながら、それを習った英語に落としていく。その作業がまた楽しい。

「その表現、ここで使えるんだ!」
「こんな言い方したら、まどろっこしくなくてストレートに伝わるね。」


 最初は「え?何となくですよ〜」と言っている子どもたちの顔が見る見る明るくなっていって、自分探しの旅を楽しむ様になります。
その過程がたまらなく楽しいのです。出来上がったスピーチは世界に一つだけ。
その子の心の中がキレイな言葉で整理され、表現された物になります。

 さて、スピーチが出来たら次はどんな風に話したら、人に伝わるだろう。
「伝える」を探す旅。
まだ終わらない旅。産みの苦しみがあるからこそ、産まれた物は美しい。

 後一ヶ月。

教室で一緒に学んできたことでどんなことが出来るかを、一緒に体験します。
その中で私自身も子どもたちに励まされ、勇気づけられ、また気持ち新たに新年度を頑張ることが出来るのです。

本気で自分と向き合う経験をすれば、表現する力がつけば、これから先自分の力でしっかり歩いていけるでしょう。
「なんとなく」と言いながら生きていくよりも、ずっと楽しくて学びの多い人生になると信じています。  

2017年12月28日

0から始めた英会話




 何かを信じ続けることは、とても勇気の要ることだと思います。私は英語教師として、『英語を教えること』をこの一年考え続けてきました。いえ、正確に言うと「私が今まで敢えて向き合ってこなかったことに嫌でも向き合わざるを得ない」、そんな一年でした。

 昨年末にいただいた生涯学習センターでのレギュラー講座の講師の仕事は、私がずっと夢に描いていたことでした。チャンスをくださったセンターは、単発講座を二度も開き、いずれも定員に達さなかったにも関わらず、受講生の声を聴いて私に賭けてくださいました
春には定員を越える応募があったことを知らされ、驚きと同時にプレッシャー。でも、そんな時だからこそ私は自分の軸をまっすぐ立て直す必要がありました。そして私の立てた軸は、
『英語を使って、自分の素晴しい能力に気付くこと』
でした。
それを目の前に形として見せてくださったのは、他ならぬ受講生の皆さん御自身。半年経った今、私は自分の立てた軸は間違っていなかったことを確信しました。

 4月にはHow are you?の質問に答える時も緊張気味で自信がなさそうだった皆さん、最初は紙やスクリーンを見ながら、しかし回を重ねる毎にサッと言葉が出てくるようになり、何も見ずにスラスラっと答えられ、笑顔が出てきました。そして今は軽いトークも笑顔で応じられます。
私から見ると、ものすごい勢いで殻を破り、どんどん前に進まれている皆さん、しかし数ヶ月が経つと明らかに元気がなくなられる方も。もしかして…と伺うと、やはり「他の人がすごく見える」と。
 
 大人の方を御指導している中で学ぶことはとても多いのです。子どもたちは不安な気持ちや、嬉しい気持ちがあっても、それを言葉で細かく描写することはしません。表情や声のトーンで私が確認して、想像して本人と向き合うのですが、大人の方々は日本語ですがとても上手に表現して伝えてくださります。なので、私は自分が忘れていた英語学習者の苦悩や喜びを改めて知ることとなります。それが本当に良かった。

 英語を熱心に「もっと上手になりたい」と思われる方々。私から見たら、その情熱と努力、成果はすべて繋がっています。ただご本人からしたら、自分が上達しているかどうか分かりにくい。語学学習の難しい部分です。言葉は習得が目に見えて計りにくく、自分がどこを走っているか分からなくなるのです。
そこで私がすべきことは、皆さんにどのくらい前に進んでいるかをお話することでした。毎回レッスンの中で何度も「こんなところが良くなっています」というのを細かく丁寧にお伝えしました。どうか、人と比べずに昨日の自分と比べる様に…と。

 皆さんに笑顔が戻ってきました。そしていただいた言葉の数々は、私にとっての宝物です。
「先生と出会えて良かったです」
「毎回英語を話す時間がとっても楽しいです」

御自身が英語でコミュニケーションを取っていることが魔法の様に感じられるかも知れませんが、それは皆さんが自分で持っている力なんです。
そしてそれは英語のみならず、ほかのどんなことでも同じなんです。皆さんが勇気を持って飛び込むことで、世界は広がる。
それに気付く機会を作るのが私の仕事だ、と強烈に感じました。少なくとも、私にとっての教師という仕事は教えるのではなく、旅のガイドみたいなものです。

 私が先日聴いて、是非シェアしたいと思った言葉で今年のレッスンを締めくくりました。

『外国の言葉や文化を学ぶことで
 人は二度生きることが出来ます。

 一度目は母国の人間として。
 そしてもう一度は国際人として。』
  

2017年12月14日

Love yourself.




 4月に大人の英語講座がレギュラーで始まってから、早いもので8ヶ月が経ちました。今までの単発講座と違って長い間学ぶ皆さんの伴走が出来るので、回を追う毎に幸せを感じています。

 講座名は『0から始める英会話』。英語経験者ではなく、再び英語を学んでみようかな…と飛び込む方のお手伝いをさせていただきたいと思ったから。

 私が多くを学んだ小学校の外国語活動(英語)の授業では、英語を毎週習っている生徒もいれば、おうちの方がネイティヴスピーカーの子どももいる。でもほとんどが英語に触れたことの無い0からスタートの子どもたち。英語習得レベルもそれぞれ、興味もバラバラ…さて、どうしよう、と考えて辿り着いたのは『英語をツールとして、自分と向き合ってもらおう。自分には、まだまだ自分も知らない力がいっぱいあるってことを知るきっかけにしてもらおう』という結論でした。
 
 それは、とても楽しい作業でした。子どもたちの顔は笑いに溢れ、自信無さげだった子どもたちの顔が次第に明るくなります。最初後ろ向きで授業を受けていた子が、次第に前を向き笑顔を見せ、授業後にいつも話しに来てくれるようになりました。そんな顔を見る度に私はますます元気になります。そんな風で、私達は走りながら充電する車の両輪の様に、一緒に笑いながら力をつけていきました。

 そうです。そこまで来たら、英語だって他の教科だって、なんだって前向きに取り組むことが出来るんです。何も英語の技術だけを教えるのではなく、英語を使ってそれが実現出来るんです。毎日が実験で毎日が勉強。毎日課題を背負って帰る。そんな日々を過ごして、私は「教えない英語の先生」になりました。

 そんな私が大人の方の伴走をしたいと思って企画したのが、『0から始める英会話』なんです。いろいろなご経験、きっかけを持って集まられた20名の皆さん。年齢も経験もバラバラ。ここでの私の目標は、皆さんが「自分は出来る」と知ることです。
8ヶ月が経ち、皆さんの英語は心地良く私の心に響きます。自信を持って笑顔で私と会話してくださるお顔を拝見しながら、4月の皆さんを思い出しています。

 今年も終わりに近づいた今日のレッスンでは、私の大好きな言葉を皆さんにお送りしました。

"このくらいの力がついたらこれくらいの仕事をしよう、と思ってもその仕事はこない。
必ず実力より高めの仕事がくる。それはチャンスだから絶対ひるんじゃダメ。”
森田一義(タモリ)


 これは、いつも私が新しい仕事を受ける時に思い出す言葉です。この言葉を思い出すと、怖さも不安も緊張も忘れて飛び込むことが出来ます。皆さん、英語がこのくらい話せる様になったら…の機会は訪れません。その代わり、ドキドキ、自分に出来るかしら…という時に、タイミングは必ず訪れます。その時はこの言葉を思い出して、ひるまずに飛び込みましょう
途中で分からなくなっちゃったら…謝ってその場を去りましょう。そのために謝り方、立ち去り方をお伝えしました。2020年に向けて、街では英語を話せる人が必要な場面もたくさんあるでしょう。どんな機会もチャンスです。間違うのも失敗するのもチャンス。一緒に飛び込みましょうね。
  

2017年11月24日

感謝の日



 昨日、2017年11月23日は日本の勤労感謝の日と、アメリカの11月第4木曜日のサンクスギビングが重なる日でした。
私の一日は生涯学習講座「0から始める英会話」の授業90分から始まり、夕方の子ども英語教室まで続きました。勤労感謝、いや私にとっては勤労させてくれて感謝の日、と言えるかも知れません。必要としてくださる方がいらっしゃっての私の仕事。今年も感謝でいっぱいになりながら、働いています。

 さて、今日の大人のレッスンでは皆さんと一緒にアメリカのThanksgivingについて、歴史や過ごし方をスクリーンに映し出した写真で観ました。みんなが集まる時のごちそうなど、興味深いですね。
そして、皆さんにThank you cardを書いていただきました。誰かに渡す…というより、自分で何に感謝したいかをピックアップしてみる作業です。皆さん、健康や旦那様、ご家族…などなど。たくさん枠を埋めるように頭からなんでもかんでも引っ張り出して出来るだけたくさんマスを埋めましょう…とお伝えしたら、皆さんの表がどんどん埋まっていきました。敢えて発表してもらうことはしませんでしたが、日頃当たり前になってしまっている小さなこと、大きな存在に改めて立ち止まり感謝する、その行動がとても大事だと思います。

『幸せな人が感謝をするのではなく、感謝をする人が幸せなのです』

という言葉を最後に紹介させていただきました。何にでも感謝の気持ちを持っていられたら、何でもありがたく、幸せに感じるものです。そんな気持ちを大切にしたいですね。
 帰りに出口で皆さんにご挨拶していたら、『今日のThank you cardにNami先生って書きました!』と言ってくださる方が多くおられて、感激でした。私は皆さんに感謝していて、それ以上何も想像していなかったので、嬉しい驚きでした。なんて素敵なんでしょう。

 夕方の子どもたちのクラスでは、『今日帰ったら兄弟揃って、お母さんに「ありがとう」って言うんだ』と生徒がこっそり教えてくれました。よしっ、みんな真似しよう!おうちに帰って、ちょっと照れくさいけど感謝の気持ちを伝えてみよう。
 夏の発表会の時にしたキャリア教育、いろいろな仕事をみんなで見ました。仕事をしていて嬉しい時、のアンケートの答えの中に「『ありがとう』と言われた時」というのが圧倒的に多くて、皆さんとこれから「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えよう、と話しましたね。その言葉が皆さんの家族に、そして将来皆さん御自身に戻ってきます。
そしてその『ありがとう』を力に変えて、頑張ることが出来るでしょう。

 皆さんの周りを「ありがとう」でいっぱいにしたいですね。

   

2017年10月19日

言葉を学ぶこと



 子どもたちに英語を教えている中で、英語を学ぶこと自体がとても体と心に良いことだと気付きました。「英語」というより「言葉を学ぶこと」なのですが、言葉を学ぶことは、楽器と近いのかな…と思います。練習しないと前に進めない。でも練習すればする程自分の理想に近付ける。
それに、人に伝えるものなので、表現も同時に磨くことが出来る。自分の魅せ方、話し方を気にし始めると、自分の内面と向き合うことになる…
実はとてもとても深いものだと思うのです。

 特に大人の方にとって面白いのでは、と思って飛び込んだのが「生涯学習センターでの指導」です。いろいろな場所にアイデアを持ち込んで、あるところでは、子どもと同じ様に指導されるなんて『大人を馬鹿にしている』とか『ネイティヴじゃないと今時流行らない』と一蹴されてしまったのですが、今思えばその時にくじけていなくて良かったです。
それから数年、私のアイデアを拾ってチャンスをくださった某市の生涯学習センターに大変感謝しています。
昨年トライアルで春と秋に二度開催した短期講座を経て、今年は春から一年のレギュラー講座。丁度今折り返し地点にいます。

 始めてすぐに気付いたことは、受講生の皆さんの「学びたい」というお気持ちがとても強いということです。私が出すものがどんどん吸収されていくのを感じます。私のレッスンは「ライヴ」。受講生さんからの突然のご質問など常に受け付けています。レッスンの流れは組んでいますが、その質問も反応もすべて流れの中の大事な要素。実際レッスン中に飛び出す質問は、どれも興味深く、それを皆さんと一緒に考えていくのが私の一番好きな部分です。

 例えば、『〜って英語で何て言うんですか』というものから、発音に関するもの、文化…様々です。そして先日いただいた『洋書を読む時にそれをどう訳すかは、その人任せなのですか』というご質問は、その場では私の持っている知識でお答えしたものの、とても興味深かったです。
 私達英語教師はその場で質問に答える事は仕事柄得意なんです。なんとなく納得出来る答えは、常に持っているからです。しかし、それを説明出来るということと、自分の中に落とし込むということは別で…家に帰ってもじっくりと考えてみました。そして、今まで苦手意識が強くて手に取ったことが無かった洋書を読み始めました。そうか、洋書を読む楽しさって、そこにあるんだ…と気付かせていただいた出来事でした。

 教室では、自分のことを"I"と言う時、相手に「私(わたし)は」「私(わたくし)は」「ぼくは」「俺は」「拙者は」「おいどんは」…どんな風に受け取って欲しいか、それを考えて話してみてください、とお伝えしています。
日本語ではそれを言葉で表すことが出来るので比較的簡単ですが、それを話し方や表情、仕草…で表すことに挑むのは、自分を改めてプロデュースすることです。プロデュースするには、自分と向き合わなければいけません。
 今まで自分のことはさて置き…で過ごしてきた皆さんが、ふっと立ち止まって自分を振り返る、そんな時間を「ことばを学ぶ」ことで共有しています。  

2017年09月06日

問題です→ハロウィンっていつでしょう?




こたえは…
OCTOBER 31

OCTOBER=10がつ

10がつ31にちです

せいかいだったかな?
きょうしつでは、10がつにたのしいイベントをよういしています。

くわしいことは、またみなさんにおつたえしますね!
See you soon!!  

2017年07月16日

先生の底力



 
 さて、暗唱発表会まで一週間となりました。
本当に各クラス、各個人、いろいろな方法でよく頑張って覚えています。ハニラミ、一年に一度の『根性の90日間』です。

 毎年見ていると、面白いです。「早くせんと、後がきつくなるけん」と最初からコツコツ頑張る子、毎週「あんまり出来んかった〜」と数行ずつ覚えてきて、残り残り一週間のラストスパートで詰め込む子…同じ子どもでも最初頑張っていたけど、中だるみ…という子も。でも全員が頑張って当日に合わせてくる。
先日、中だるみの子どもたちとのレッスン。最後の数行が覚えられなくて、半ば諦め気味。

『どんな風に覚えにくいんだろう、私だったらどうやって覚えるだろう』

よし、じゃ、今から5分間で真剣に覚えてみない?と提案。思わず「先生、その5分間でこれ全部覚えてみるから。一緒にやろう!」と言ってしまった。
そして5分間。子どもたちは数行覚えた様。上を向いたり下を向いたり場所を変えたりしながら一生懸命覚えていた。私は、細切れに場面をイメージしながら、そして言葉のリズムを歌みたいにして覚えた。

 全員の発表が一通り終わって、「じゃ、先生言うよ。」と言うと子どもたちが「まさか」という顔で見る。
私が暗唱を始めると、子どもたちの真剣なまなざしが突き刺さる様。
私もそれに返す様に、一人一人の顔を見ながら話した。
途中で少し間を空けると、子どもたちがすかさず、いつも私がするように英語の音でth, th...とヒントをくれる
128ワードの暗唱を終えて、いつも子どもたちに指導している通り、最高のドヤ顔でThank you.
パチパチと拍手。
ありがとう。

 大好きな英語講師の安河内先生の本に「親しくなりすぎたら、圧倒的な力の差を見せつける」と書いてあった。私は生徒との距離は親子の様でありたいと思う反面、こうして時々英語指導のプロなんだというところも見せていたいと思う。親しみを持って心を開いて欲しいのと同時に、憧れを持って、そして私を飛び越えていってくれたらそれが一番嬉しいこと。
さ、飛び越えて行きなさい。暗唱発表会、楽しみにしてますよ。