2018年06月18日

Don't think. Feel!



 月に一度の親子えいごサークルがある土曜日。
朝から可愛くて元気な未就園児の皆さんと一緒に、楽しく遊びました♪
もう何年も御一緒しているお友達、そして新しいお友達。
みんな笑顔。ここで助かるのは、先輩お友達が先生のアシスタントになってくれること。
先生が"Here you are!"って渡したら、大きな声で"Thank you!"って答えてくれる。
それを真似してみーんな"Thank you!"素敵です。
『言いなさい』って言われるんじゃなくて、自分から言う"Thank you!"、とっても気持ちが良くてみんな笑顔になるね。

 私の英語教室、英語サークルは、言葉を『感じる』場所です。
かのブルース・リー氏も言っています。
"It’s like a finger pointing away to the moon. Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory."
『月を指差す指はただの手段であって、指に注目していては本当の目標(月)を達成する栄光は得られない、の意』
英語を目標にするのでは、本当に皆さんのゴールには辿り着きません。
英語を言葉として、感じましょう。伝えましょう。

 午後からは、教室でKory先生のバイリンガルコースです。
前回が初回だったのですが、教室の皆さんがあまりにもハイレベルなので、今回は少し内容を高度に濃くして来てくださいました。
そしてレッスン後に言われた言葉は…『今日はすごくハイレベルにしたつもりだったけど、それでも足りないくらい力があるよ。素晴しい。』なぜか私も褒めていただきました。
みんな、ありがとう❤(?!)

 Kory先生のレッスンは100%英語ですが、みんなしっかり聴いて理解をしています。
今日はちょっと難しい「feeling(感情)」がメインでしたが、驚いたのは"I'm confused."(困惑している)を学んだ時、もちろん日本語は全く介していないのに、幼児・低学年クラスの女の子が『昨日の晩御飯なんだったかな〜?うーん、うーん』と言いながら首を傾げていました。
先生の表情、雰囲気で言葉の意味を感じ取って、シチュエーションまで描けるなんて!

 正に言葉を「感じる」子どもたちの様子が嬉しく、眩しい土曜日でした
大事な事なので、もう一度言います。
Don't think. Feel!!
(考えるな,感じろ。by ブルース・リー)
   

2018年06月09日

大人気!英語サマースクール大募集


みなさーん、小学校でも英語が本格的に始まりましたね
教室には「英語が苦手」という小学生のおうちの方々からお問い合わせが増えてきました。
が、今年度はどのクラスも満席になっています。

そこで、この夏!3日間限定で「英語と仲良くなるプログラム」を行います。
その名も「サマースクール」最後の日にはおうちの方に成果を見ていただく楽しい英語パーティー♪
各クラス6名定員です。定員になり次第締め切りますので、どうぞお友達お誘い合わせの上、遊びにいらしてくださいね。
もちろん!お一人の御参加でも仲間と楽しく学べますよ♪

お待ちししていま〜す♪
詳しくは、ホームページをご覧ください。
http://honeylamby.jimdo.com/  

2018年03月18日

親子えいごサークル2017年度修了



 月に一度の癒しと学びの時間、親子えいごサークルも今年度無事修了です。
いつもは数日前にメルマガでおうちの方々にお題をお送りするのですが、今回ばかりは前準備無し。突然『日本語で大丈夫です♪お子さんの良い所を3つ、教えてください』とリクエストしました。
もちろん私のサークルですから、問いつめたりはしません。うまく出せない方も多いかな?と思いながら、なんとなく雑談みたいに振ってみたのです。
ですが、皆さん、ものすごく細かく話してくださいました。もっともっと言いたい…そんなご様子に、私も思わず顔がほころんでしまいました。お子さん方がまた隣でニコニコしてるんですもの。おうちの方の愛をたくさん感じて幸せな時間でした。

 そして始まります、子どもたちの活動タイム。いつもの通り、ご挨拶のThe Hello Song、そしてお天気ソング…と歌って、お名前ソングでビックリ!なんと!今日は全員が大きな声でご自分の名前を言えました。少しずつ少しずつ、焦らずゆっくり毎月皆さんのバケツに英語の歌や言葉を注いで…それが溢れ出してきたのですね。本当に嬉しかったです。でもビックリしているのはおうちの方や私の方で、本人は至って当たり前、という顔をしてサラッと言ってくれました。
今日はお名前だけでなく、"Thank you!!"などの挨拶もサッと飛び出してきてビックリ。親子えいごサークルの醍醐味です。

 本当に今年も温かい時間を、ありがとうございました。このサークルは年少さんまで(3歳児まで)ですが、次年度もたくさんの継続ご希望をいただいて、感謝でいっぱいです。また来年度もゆっくりのんびり、楽しく遊ぼうね!

 最後に皆さんにお伝えしましたが、今お子さんの良いところをたくさん教えてくださるおうちの方々、今後「もっと、こうなってほしい」と希望がどんどん膨らんで、お子さんの気持ちとのギャップが生まれてくることがあります。そうやってすれ違ったり、分かり合ったりしながら一緒に育っていく中で、どうぞ今日教えてくださったお子さんの良いところ、時々思い出してくださいね。

 皆さんをお見送りした帰り、トイレの前を通りかかると中から "Hello~,Hello~,Hello, how are you?♪” と誰かが歌っている声が聴こえました。

鼻の奥がツーンとしました。

可愛いお子さん方の英語との出会い、御一緒出来て本当に幸せです。  

2018年03月09日

ハニラミ中学レッスン改革



今日、教室のある町では一斉に中学校の卒業式が行われています。
義務教育からの卒業というのは、本人たちが思っている以上に大きな船出で、高校生になった子どもたちが一番楽しんでいるのは、「ある程度、自分の判断が通ること」の様に見えます。中学校では、その判断のベースとなる「思考」して「表現」する場が十分あったでしょうか

教室では、小学校クラスから進学した中学生も見ています。これまでに数回入試を経験しましたが…中学生を見ていて、私なりにレッスンを根本から見直すことにしました。実際中学生に英語を教えるのは、比較的楽です。ただ決まったルールと、習う単語を一方的に浴びせても、それが授業として成り立つからです。

もちろん私の教室では、英語を話す事が前提の子どもたちなので、中学生レッスンの中でも習った言葉を使って自分の身の回りの事、気持ちなどをサッと話す時間を散りばめています。私が突然、「じゃ、今習った受動態使って自分のこと話して」と言っても、しっかり話し、しっかり聴いて理解をしてくれる仲間がそこにいるのです。思いきりスピーキング出来る場があること、そこが英語教室から上がった子どもたちの強みだと思います。

そんなレッスンですが…2018年度からは90分のレッスンの内最後の30分を自分時間とします。帰っても良い、英語以外の勉強をしても良い、英語の質問に来ても良い、ただ自分ですることを考えて進める時間にします。どんな時間になるのか…今からワクワク。体調が悪ければ帰って早く休む、宿題を全部ここでして帰りたければ、ここに残る。今日のレッスンの箇所を復習したかったら私に聞きにくる…勉強だけでなく、時間の使い方そのものを「考えて」「自分で決める」時間にしたいと思っています。その決断に、私は絶対何も言わないことを保証します。その本人の判断を尊重します。

今中学生を見ていて思う事は、「常に何かに追われている」ということです。学校の課題が多く、その一つ一つが事細かに決まっているのです。子どもたちが独自の判断をする余地もなく、ただ目の前にあるものをこなしている様に見えます。体調が悪くても、自分の心の異変に気付いても、休むと言い出せない状況があります。

よく「塾に行っても全然成績が上がらなかった」という言葉を聞くのですが、成績を上げるのは「塾」ではなく「自分」なのです。自分がどんな問題で間違いがちなのか、何を優先すべきか。そんな判断をまずは自分でして欲しいと思いました。それが許される場所が必要なのでは、と思ったのです。

もちろん私はプロですので、その子にとって何が必要で何が足りないかは、見ていてすぐに分かります。ですが、ここで私がすることは、本人がそこを見つけられるかどうかを見守る事です。そのための仕組みを繰り出していきながら、少し様子を見てみようと思います。

自分で考え、判断する事が出来る様になった子どもたちは、きっと学校でも塾でもどんどん自分に必要なものを吸収していくことでしょう。
来年度は子どもたちの思考・判断・表現のベースを作る、そんなチャレンジをしてみたいと思っています。
  

2017年09月16日

【連絡】9月16日のイベントに関して〜台風状況〜


 おはようございます。御確認、ありがとうございます。
本日ハニラミ関連の予定が3つ開催予定ですが、以下全て開催とします。
●親子えいごサークル
●教室代表者暗唱練習
●バイリンガルコース


 今朝6時45分に発表された春日市の台風情報は『24時間後に暴風警戒域に入る』とのことでしたので、教室としての判断は以上の様にになっています。
しかし大切なお子さんの安全再優先で、イベントご参加の最終判断は各御家庭にお願い致します。

 今日もNami先生は、会場で、教室で、元気にお待ちしていますよ。来られる皆さんは、どうぞお気を付けておでかけくださいね!
Have a nice day!!


  

2017年09月06日

問題です→ハロウィンっていつでしょう?




こたえは…
OCTOBER 31

OCTOBER=10がつ

10がつ31にちです

せいかいだったかな?
きょうしつでは、10がつにたのしいイベントをよういしています。

くわしいことは、またみなさんにおつたえしますね!
See you soon!!  

2017年06月18日

脳をフル回転!



 月に一度のバイリンガルコース、今月も元気に開催しました。
担当講師、マルちゃんは穏やかで楽しい先生です。決して勢いで盛り上げたり、発言を促したりせず、ゆっくり待ってじっくり聴いてくれます。ブラジル人講師、というと「ネイティヴじゃない」と言われるそうですが、私は彼の語学力・指導力・授業企画力はもちろんですが、人間性を高く評価しています。学びの中で出会う人は重要です。私は、彼が子どもたちに関わる事は、とても意味があると思っています。

 毎回そうですが、最初は緊張気味の皆さん。マルちゃんの英語にじっくりと耳と傾けます。別室で仕事をしながらなんとなく聴いているNami先生も、時々「あら、今の分かったかしら?」と思う程、延々と英語が続く(日本語無し)レッスンですが、10分も経てば子どもたちが手探りながらいろいろ話し始めるのが分かります。そして空気が変わってきます。次第に笑い声が聴こえてきて…とても良い感じに話している声が聴こえます。全部英語です。

 英語しか話せない、英語しか理解してもらえない…そんな中で手探り、その間子どもたちの頭はフル回転なのです。知っている表現を引っ張り出す作業が盛んに行われています。これは、海外で私達が経験するのと同じこと。そんな手探りの繰り返しの中で、私達は言葉を自分の道具にしていくのです。
でも、日頃のレッスンが全部これだったら…それはそれで良いのかも知れませんが、語学学習には多少の安心感も必要だと思います。学びのベースが必要です。Nami先生はレッスン中、「今は全部英語で日本語無しよ」という時間を作りはしますが、子どもたちが不安な部分を確認することもします。
時々「ネイティヴの教室に通っていました…」という生徒が、著しく単語の意味を勘違いしている場面に出合います。一度覚えてしまった事を覚え直すには、覚える時にかかった時間の倍以上かかると言われています。子どもの年齢や興味、学ぶ頻度や環境によってアプローチが違う、ということも付け加えておきますね。

 そして、私達が大事にしているのは、コミュニケーション。バイリンガルコースはマルちゃんだけのレッスンですが、実はレッスン前のミーティングでは私が日頃のレッスンで気になっている生徒1人1人のことをマルちゃんに伝えます。「〜ちゃんは、とてもよく話せるけど、ちょっと読みが苦手だからよろしくね」「〜くんはちょっと自信がないみたいだから、サポートよろしく」…そしてレッスン終了後はマルちゃんから「〜くんが、今日とても良いことを言っていたよ」「〜ちゃんの積極性は素晴らしいね」など。
お一人お一人を大切に…皆さんを見守り、応援するチームハニラミです。
脳みそフル回転!
また来月も頑張りましょう。  

2017年04月25日

宿題は信頼関係



 今日は教室のニューズレターと連動させて…宿題に関するお話です。
私が1歳児から大人の皆さんまでご指導していて見つけた事実。
『宿題は信頼関係です』

 私は常日頃から、我が子や生徒の皆さんを『人から応援してもらえる人』に育てたいと思っています。もちろん私も皆さんの応援団であり続けたい。この『私との人間関係が、目の前にいるあなたの根っこを育てている』ことを信じて、あなたのことを信じ抜きます
でも同時に、私が皆さんを理解し愛して応援出来る時間は限られていることも知っています。
人は常に動いて、その先々で新しい出会いをし、たくさんの人との関わりの中で人生を過ごします。私の願いは、どこにいっても、どんな人達と出会っても、人に助けてもらえる様な人になってほしい、それだけです。
そうなるためには、人との信頼関係をしっかり築く事が出来る人を育てなければいけません。

 そこでふと、気付いたことがありました。「たかが宿題、されど宿題。」
私がいくら応援したいと願っても、毎回宿題をしてこない。平気な顔をしてレッスンを受けてまた翌週も宿題をしてこない。先生として正直な気持ちを言わせていただくと、「この子は伸びようとは思っていないんだ」そう判断されてもおかしくない。じゃ、私がそこまでこの子を伸ばす努力をする必要もないのかな…と。私はそんな気持ちになりそうな自分をグッと引き戻して、ではどんな宿題だったら出来そうかな…と工夫をしたり話し合ったりします。しかし、宿題をする習慣のついていない生徒はどんな方法を取っても宿題をしません。中には「学校のは怒られるからするけど」という生徒もいます。
 習慣を作るには、人の力を必要とします。特に子どもの場合は、大人の力で簡単に良い習慣が身につきます。生活を共にしている大人の働きかけが大きな役割を持つことは言うまでもありません。怒られるから…も一つのモチベーションになるのかも知れませんが、怒られなくても毎日の習慣の中に入れてしまうと、本人にとってはだんだん苦ではなくなってくるものです。

 『宿題をしないと学校の授業についていけないのではないか』『先生に叱られるのではないか』
皆さんは宿題に関してまず、そういう印象を持たれるかも知れませんが、実はそんなに一時的な問題ではないのです。それ以上の「信頼関係」に関わる大切なことなのです。

 どうしても出来ない事情があった、宿題が多過ぎて無理…そんな場合は、きちんと出来なかった理由を言って詫びる、また宿題が多過ぎる事を伝えて一緒に量を考えてもらう、それも大切な力です。これは学校や教育現場の問題です。子どもが「自分の言うことを聞き入れてもらえる」と安心出来る環境を作る、それが今後多様化、グローバル化していく社会を作る基礎になるでしょう。ここでも思うのです。「黙ってついてくる者だけを善しとする教育を続けていてはいけない」と。

 宿題、という先生との約束を守ることが前提なのか、簡単に破って理由も言わずにやり過ごすのか、ただ叱られて終わるのか、それには「宿題」という言葉以上に大変大きな学びがあることを、私達は心に留めて子どもたちと関わる必要があると思います。  

2017年04月23日

オールイングリッシュではありません




 さて、5月から2017年度のレッスンが始まるハニー&ラミーイングリッシュクラブですが、2017年度のテーマを決めました。ズバリ!"Speaking強化!"です。
今まで意図があって、オールイングリッシュを避けてきましたが、バランス良く力を付けているクラスはスイッチの切り替えをする練習をどんどんしていきます。英語スイッチがサッと入る様になったクラスもありますし、自動で入るようになった生徒もいます。
幼児クラス・低学年クラスは今までの通り…そして、中・高学年クラスには、お話をしました。

 英語教室の中には、"オールイングリッシュ"(英語だけで授業を進めること)を掲げているところもあります。でも、ハニラミは違います。発達段階によって分けています。幼児の間はオールイングリッシュがかなり有効です。幼児は日本語であれ英語であれ、会話を想像しながら進める力を持っていると言われています。
ただ、小学生になってから教室に通い始めた子どもたち、中・高学年は特に『自分が何の目的で、どんな方法を取っているのか』を知る必要があると思うのです。私は、子どもたちに「いちいち考える人になって欲しい」と思っています。いえ、元々子どもたちは立ち止まって考える事の達人です。そこを大切にしたいのです。レッスン中には
「ここにはsはないのに、どうしてここにはあるの?」
「この言葉、〜に聞こえて面白い!」
「先生のパソコンは、幾らですか?」

等々…面白い質問がたくさん飛び出します。
『黙って授業を聞きなさい!』では、あまりにももったいない!
もちろんレッスンの大筋はありますが、子どもたちの声を聴きながら、子どもたちが考える事、発する事を大いに賞賛しながら一緒にレッスンを作り、進めていきます。(※もちろん、「Later(後でね!)」という質問もありますが…きちんとレッスン後にお答えしています)
なぜそうするか…は、また別の機会にお話しますね。
私は種を大きく成長させるフカフカの土になりたいのだ、とだけ言っておきます。

 さて、そういうことで、今回も「言葉を学ぶ時に必要な4つの力は、なんでしょう?」から始まったイントロダクション。子どもたちからはどんどん声を上げてくれます。「勇気を出すこと!」「間違ってもいいや、って思い切る力!」…先生が日頃伝えたいと思っている事が、きちんと伝わっていて嬉しいです
いいね、いいね、と話を進めながら…最終的に聴く・話す・読む・書くを見つけ出した子どもたち。
「じゃ、次の質問です!(お笑い芸人意識)この中でみんなが自信を持てる力って、どれですか?」
これも、皆さんそれぞれが抱えている気持ちが分かって興味深かった!
先生が赤ちゃんから高校生までを見てきた中で、「書く力」は間違いなく中学高校でビシッと鍛えられます。そしてリスニングはみんな自信あり、読みもある程度、レッスン中に身についています。では、もっと伸びそうなのは…「話す力」
だから、今年はここ、みんな一緒に頑張ろう!どのクラスにも「おぅ〜っ!」と力がみなぎります。そしてレッスン中の大半を占める英語タイム、みんなのヤル気が変わりました。やっぱり「黙ってついてこい」よりも、自分が何のために、何をどう頑張りたいか、それをしっかり納得していることは大切です。

 いつも「答えは子どもたち自身が持っている」のです。私の仕事は、それを引き出して子どもたちに見せること。答えを自覚している子どもたちは、どんどん伸びていくのです。英語を教える前の準備体操。私はそれをとても大切にしています。  

2017年03月23日

What is ATOZEKI?



私の好きな言葉に「あとぜき」があります。
夫のルーツである熊本の言葉です。後を堰くということで「戸を締めること」となっています。
標準語で言うと「開けたら閉める」だそうですが、実はこれたくさんの場で使われる言葉ですね。そして全国的に、熊本以外でそれに当たる言葉がないのが現状の様です。「閉めて!」とか「寒い!」とか。

熊本に行って驚いたのは、横断歩道で車を停めて子どもたちを通すと、かなりの割合で渡った後再度こちらに向かってお辞儀をすることです。「あとぜき」と言われて育った子どもたち、こんな風に後ろを振り返るって素敵だな…って思いました。

という事で、教室のトイレには「あとぜき」をご紹介させていただいています。そして意味を+して、後ろを振り返って自分の発つ後がどうなっているかを確認、意識することを促しています。

うちにホームステイで来たアメリカ人が、リビングやレストランで席を立った後、必ず椅子を整えることに感動しました。ちょっとした心がけが仕草となって出て、世界のどこに行っても、社会に出ても家庭でも、必ず良い人間関係を作り出していくきっかけになると確信しています。

ということで、教室のトイレには先生お手製(ゲスト参加・くまもん)の貼紙がしてあります。