2017年08月23日

同じ目的、違う言葉



 夏休みです。日本の夏休みと言えば…膨大な量の宿題。私の教室ではどのクラスでも、夏休み中は最初に『学校の宿題を何%したかな?』の話から入ります。なかなか宿題が進まない生徒に、計画的に取りかかることに気付いてもらいたい、という目的です。

 ある生徒は夏休み始まったばかりなのに"80%"。周りがどよめきます。
自分も頑張ろう!という気になります。
 でも、終盤になると…やっぱり出てきます。
「終わりそうな気がしない」
という生徒。

 ある生徒は夏休みも終盤、暗い顔をして教室に来ました。聞かなくても分かるけど、敢えて宿題の進度を尋ねると"40%…"
終わりそうな気がしない、と悲し気に言うので
『よし、後何が残ってるか、言ってごらん』
と、残りの宿題をホワイトボードに全部書き出しました。
『じゃ、計画を立てます。』
と残りの夏休みの日付を表にして書き、
『後、計算ドリルが〜ページ。一日に何ページくらい出来そう?』
『自由課題は何の絵を描くか、決めてるのかな』
『自由研究は、身近なところから探そう』
子どもにインタビュー形式でどんどん表を埋めていきます。それに答える内に、顔がどんどん明るくなっていき、最後には
『おぉ〜出来るやん!』
と笑顔に。まるで魔法を見たかの様に、すごい、すごいとホクホク顔。

 最後に白い紙に全部書き写させて、チェック欄も作って…
『作っただけじゃ、ダメだよ。自分との約束だから、全部しっかり守ること。』
うん、うん、とキラキラした顔で頷きます。

 ふと思いました。宿題が全然出来ない…自分には無理…と思っている子どもたち。本当に苦しんでいます。でも自分に絶望している様に見えて、方法が分からないだけ。
闇雲に「自分が悪い」「宿題やりなさい」では、ただ苦しめるだけ。

 大人だって忙しい。でもこの計画を作るのにかかった時間は、10分程度。ちょっと視点を変えて…
「宿題しなさい」を、
「どうしたら、出来るか、一緒に考えてみようか」
に変えてみませんか。そこから子どもたちが学ぶ事は、一生通じて大切なことです。

 残りわずかですが、毎年出てくる
「先生〜2時まで宿題していて、眠いです〜」
という子どもたちが、今年は減るといいな…
  

2017年08月11日

みんなちがって、みんないい。



「…決めつけた支援はしないでほしい…ちゃんと理解してほしい…僕たちの気持ちを聞いてください」

 先日読んだ本、「自閉症の僕が跳びはねる理由」にも同じ様に書いてありましたが、7月の「毎日小学生新聞」にも同様の記事がありました。
子どもたちと接する時「〜すべき」とルールやマニュアルの様に従うのではなく、目の前の人をしっかり見て、声を聴いて向き合うべきだと思います。それは何も、特別支援に限った事ではありません。

 今本気で、私が学生時代から思っている『一人一人と向き合う、一人一人を大切にする』教育を、きちんと文字や言葉にしていきたい、そうしなくちゃと思います。学生時代は言葉足らずで、不登校児童に関するレポートで教育学の単位を一度落としたことがありますが…今度はきちんと人に伝わる様に伝えたいものです。何にでも理由があるものです。それも子どもの数だけ理由はあります
 しかし実際はその理由も「〜なはずだ」と決めつけられ、型にはめられてしまうケースを幾つも見てきました。そして「弱いから」などと、極めて主観的で根拠の無い理由で子どもたちにずっと消えない傷と大人に対する不信感を与えるケースもあり、呆れ果ててしまうのです。
 
 「こうあるべき」という決めつけから開放されたら、きっと楽になる先生やお父さん、お母さんもたくさんいるはずです。時間の制約やプレッシャー、こなさなければいけないことがたくさんある時代ですが、目の前の子どもたちの声にならない声に耳をすませることが出来る社会でありたいものです。

 「みんなちがってみんないい」が、言葉だけじゃなくて本当の意味で社会に浸透するといいな。。。って夢みたいに思っていたけど、そんな私の想いに共感してくださる方がたくさんいる、というのはSNSを通して知ったこと。そんな人達と一緒に少しずつ紡いでいきたいと思っています。
 そして、自分の声を聴いてもらう心地良さを知った子どもたちにはきっと、声を聴く大人になるでしょう。
少しずつ、少しずつ…みんなで前に進まなくちゃ。子どもたちが諦めてしまう前に。  

2017年08月09日

夏の英語キャンプレポート DAY 2



 一日目の寝る前に、夜更かしする気満々だった子どもたちに、
『寝不足だと言葉が出て来ないのよ。日本語でも英語でも。先生もね、レッスンの前の日、英語を話す前の日は特にたくさん眠るのよ。明日は朝から英語モード。今日しっかり体休めて、明日いっぱいしゃべろうね!』
と声をかけました。なんとなく覚えていてくれたのか、『英語話さないかんけん、いっぱい寝なくちゃ』ってゆっくり体を休めた皆さんは、今日も朝から元気いっぱい!

 早起きしてシーツを片付けてベッドメイクをして、それぞれお部屋をお掃除。モップやほうきを上手に使うことが出来ました。迎えに来てくれたAC(アメリカンカウンセラー)と一緒に、芝生の上で英語版ラジオ体操!
そして、昨日からグループ単位で作っているオリジナルキャンプソングの練習。曲を選んで自分たちの知っている言葉を当てて歌を作り、更にそれに振りを付けて練習。今日はその発表会。みんなの顔が昨日よりも真剣です。
朝ご飯は、ACがお給仕してくれるので、みんなは自分が選んだメニューを伝えます。モリモリ食べて…キャンプソングを練習したら、今度はカーニバルタイム!各ブースにACがいて、風船を作ってくれたり、腕相撲をしたり、ボディペイントをしてもらったり、ゲームをしたり…楽しいこといっぱい。笑顔いっぱい。

 ランチ後はいよいよ英語会!それぞれのグループでキャンプソングの発表です。たった2日の数時間の練習とは思えない程、みんな上手に歌って振りを付けて、表現出来ました。しかもたくさんの人の前!!素晴らしかったです。

 楽しい時間もあっという間に過ぎて、卒業式。それぞれ修了書とバッジをもらいます。全員とハイタッチをして…いよいよお別れ。
私達もこっそりみんなで書いた1人1人への寄せ書きをプレゼントしました。秘密プロジェクトだったので、ワクワクしましたが、思った以上にACが感動してくれて…心が繋がった瞬間、引率の先生たちもグッと涙が溢れてきました。

 バスの中でみんなが見えなくなるまで手を振って、お別れ。しばらく習ったお遊戯やかけ声がバスの中に響いていました。みんな、ずっと忘れたくない、そんな気持ちで何度も何度もかけ声をかけ合っていました。
先生から最後の挨拶では、皆さんに出会いを大切にしてね、と言いました。たくさんの他教室の友達や先生、AC、日本人のお世話をしてくれた方々、そして自分も知らなかった自分自身との出会いです。あんなにダンスパーティーで自分が踊りまくるなんて、信じられなかった!そういう子どもたちがとても多かったです。みんなの中には、そんな熱いものがあるんだよ。そしてそれを信じてずっと諦めずに話しかけ続けてくれたACのことを思い出して、みんな自身が自分自身を諦めないこと。自分の中の可能性、熱い想いに気付いたみんなは、絶対に自分の夢を掴める人たち。これからも一緒に頑張ろうね!

 2日間の引率は、正直楽しい想いばかりではありません。最初グループの中でうまく輪に入って行けない子どもたちを見ると胸が苦しくなり、なんとかしてあげたい気持ちをグッとこらえて見守ります。不安そうにしている顔を見て辛くなり…でも我慢我慢
だからこそ、この2日間での子どもたちの成長に心から感動するんだと思います。帰りに周りの子どもたちと打ち解け笑い合う子どもたちを見ながら、安全に過ごせたことへの安堵感と、このかけがえのない2日間に携わることが出来たことに心から感謝するのです。

   

2017年08月09日

夏の英語キャンプレポート DAY 1




 今年も行ってきました!アメリカンビレッジ。
近くの4つの英語教室と合同でのキャンプ参加ですが、今年は35名の子どもたちが元気に集まりました。

 このキャンプに向けて、4人の先生たちで話し合いをして、みんなのグループ分けをしたり、バスの座席を決めたりするところから始めました。話し合いの中で、先生たちは一人一人の顔を思い出しながら、日頃のレッスンの中での頑張りを思い出しながら…『このグループで頑張れるかな』『たくさん友達を作ってくれるかな』と思いながら作りました。

 初めてTシャツのデザインもしました。去年みんなが大好きだったキャンプファイヤーをキャラクター化して、くっつけました。みんなのハートがメラメラ燃える、素敵な体験になりますように、願いを込めて。

 バスの中で英語モードに入る準備。英語のゲームをしたり、このキャンプの意義をみんなで確認し合って…現地に着いたら、私達教師4人は子どもたちをAC(アメリカンカウンセラー)に引き渡して、後は見てるだけ。写真を撮ったり、子どもたちが頑張る姿を見て幸せな一日を過ごしました。

 途中何度も声をかけたくなるシーンがありましたが、グッと我慢。すごいすごい!どんどん子どもたちが自力で周りの人達との関係を作っていき、ACの英語のお話にもじっくりと諦めずに耳を傾けます。次第に笑顔が増えていき…夜。

 台風の影響で楽しみにしていたキャンプファイヤーを中止しなくてはいけなくなって、ガックリ…
でもACたちは、しっかり楽しいイベントを用意してくれました。ダンスパーティーです。
 『ダンスパーティーなんて…みんな踊れるのかな〜?』そんな不安は一気に吹き飛びました。全員で、真っ暗なホールでとにかく踊りまくって、みんなの心がパーンと全開。日頃踊るイメージがない子も、もちろん私達も…ノリノリのACの雰囲気にググッと引き込まれて、汗だくで踊りました。他の団体の高校生などもいましたが、全員入り乱れて全員笑顔。全員仲良し!
最終的にダンスパーティーが一番の思い出!と子どもたちが言う程のビッグイベントとなりました。

 夜はそれぞれの部屋にACが来てくれて、ベッドタイムストーリ。怖いの?面白いの?悲しいの?ロマンス?どれが良い?と聞いて子どもたちが答えると、それに合わせた即興のドラマの始まり始まり。
眠るどころか、みんな笑い転げる楽しいひとときでした。

 みんなでぐっすり休んで、また明日元気に活動しましょうね。  

2017年07月26日

キャリア教育ハニラミ風



 夏の暗唱発表会、せっかくみんなが集まったから…と、発表会の後にはいつもサマーパーティーや、外国からのゲストのお話などなど…入れていますが、今年はNami先生がしたくてずっと温めてきたもの。キャリア教育のお話をしました。

 少し前に教室の保護者の皆さんにお便りで「お仕事アンケートの提出」をお願いしました。そして、保護者の方々の中から集まったお仕事に私や夫の仕事を併せて25のお仕事ファイルが出来ました。
お仕事内容・なぜそのお仕事を選んだのか・お仕事の苦労、そしてお仕事をしていて嬉しいこと、楽しいこと。皆さんお忙しい中、ご丁寧にしっかりお答えくださいました。私はこの活動を通して、おうちではなかなか語る機会のないおうちの方の想いを子どもたちに伝えたいと考えていました。

 一緒に知っている職業の名前を言ってみます。お医者さん、消防士、警察官、先生…みんなたくさんの仕事を知っているね。でも、実は世の中にはもっともっとお仕事があります。皆さんが今朝起きてからここに来るまでの間にも、皆さんはたくさんの方のお仕事に支えられている、気付いたかな。
…そんな導入で、私も今まで生きてきて知らなかった職種があり、もっと早く知っていたら私もその仕事を目指していたかもしれないというものもある、と語りました。キャリア教育の最初の一歩は、「知ること」どんな仕事に私達は支えられているんだろう。

 アンケートの言葉を全て拾って、子どもたちに伝わりやすい形に少し変えながら作ったパワーポイント(スライド)を子どもたちに見せながら、お仕事の説明。私は一つも省略したくなかったので、皆さんの想いを25個を全部一緒に読みました。長い間だったけれど、子どもたちの目はキラキラのまま。しっかりお話を聴き、笑い、反応してくれました。

 最後に。では、今まで観たスライドの中で「お仕事をしていて嬉しかったこと」で多かったもの、なんだった?子どもたちが『ありがとう』と声を出す。
そう、おうちの方々のアンケート、ほとんどの方が『ありがとう』と言われた時に嬉しい、と書いておられました。

 先生からの宿題です。二つあります。
一つは、この夏休みで身の回り、出かけた先でたくさんの仕事を見つけましょう。そして二つ目、お仕事をしてくださる皆さんに感謝をする気持ちを育てましょう。そして声に出して『ありがとう』と伝えてみましょう。その『ありがとう』は、皆さんのお父さん、お母さんに。そして未来のみんなにきっと返ってきます。そして、その『ありがとう』で「明日も頑張るぞ!」と元気をもらうことが出来ます。

 みんながこれから生きていく世界は、『ありがとう』で溢れた世界、元気に楽しく仕事が出来る世界でありますように。
気付いた今から。一緒に作っていこうね。
  

2017年07月24日

人前に立つ




 ハニラミの熱い夏!暗唱発表会が無事終わりました。
まずは幼児クラスの可愛いハローソング、自己紹介ソングから始まって、5月から入った小学生による自己紹介。人前で自分の言葉(しかも英語)での自己紹介は、かなりハードルが高いと思いますが、全員しっかり覚えてよく頑張りました。

 そして習い始めて2年以降の生徒は暗唱。
暗唱は、すればするだけ結果が出る。それぞれの設定するハードルの高さが変わるのが面白いところ。90日前に一斉に配った課題をどう仕上げるか、どこまで追究するか、その取組みを見ながらいろいろなことが見えてきます。

 私の目的はただ一つ。人前に立って発表する緊張感、自分だけが頼りの、あの感じを体験してもらうこと。後は多くを望まない。子どもたちには「自分で目標を設定するんだよ」と伝えている。それぞれの目標をクリア出来れば、OK。
 「先生、ぼく時間がないから無理」という生徒には、『時間はみんなに平等にある。使い方は自分次第』 
 「先生、私は人前は無理」そんな生徒には、『まだ決めるのは早い。みんなはいっぱい種を持ってる、一緒に見つけよう。』
 常に声をかけながら、時には自分自身も暗唱をして見せながら伴走。
でも強制してさせたくないので、してみようという雰囲気を作り出すのが、私の仕事。私のチャレンジ。

 暗唱発表会最後のレッスンで、「あら?大丈夫?」と心配になってしまい「最後まで諦めない!残り5分だって有効に使えるからね!」と送り出したものの…当日、大丈夫かな。。。ちょっぴり不安になりますが。
でも、大丈夫でした。みんな、人前で一人で言えるくらいまで、それぞれ仕上げてきました。今回も涙をグッとこらえる瞬間が、たくさんありました。

 毎回この発表会の最後に皆さんにお伝えする言葉は、『おうちの方々、どうぞこんなに大勢の人の前に立ったお子さんを、褒めてあげてください。もう暗唱発表会は終わりました。内容に関するダメ出しは、もう一切無しでお願いします』
反省点があるとしたら、自分で気付いているはず。そう子どもたちを信じること、それは暗唱から私達大人が得る大きな宝物になるでしょう。
…そう言いながら、暗唱発表会に出場した我が娘に思わずアドバイスしようとして、先程の自分の言葉を思い出しグッと言葉を飲み込む私でした。

 子どもを信じて…簡単そうで難しい。難しそうで簡単。ただ一つ言えるのは、その信頼感が子どもの自立心・判断力を育てていく、ということです。


   

2017年07月16日

先生の底力



 
 さて、暗唱発表会まで一週間となりました。
本当に各クラス、各個人、いろいろな方法でよく頑張って覚えています。ハニラミ、一年に一度の『根性の90日間』です。

 毎年見ていると、面白いです。「早くせんと、後がきつくなるけん」と最初からコツコツ頑張る子、毎週「あんまり出来んかった〜」と数行ずつ覚えてきて、残り残り一週間のラストスパートで詰め込む子…同じ子どもでも最初頑張っていたけど、中だるみ…という子も。でも全員が頑張って当日に合わせてくる。
先日、中だるみの子どもたちとのレッスン。最後の数行が覚えられなくて、半ば諦め気味。

『どんな風に覚えにくいんだろう、私だったらどうやって覚えるだろう』

よし、じゃ、今から5分間で真剣に覚えてみない?と提案。思わず「先生、その5分間でこれ全部覚えてみるから。一緒にやろう!」と言ってしまった。
そして5分間。子どもたちは数行覚えた様。上を向いたり下を向いたり場所を変えたりしながら一生懸命覚えていた。私は、細切れに場面をイメージしながら、そして言葉のリズムを歌みたいにして覚えた。

 全員の発表が一通り終わって、「じゃ、先生言うよ。」と言うと子どもたちが「まさか」という顔で見る。
私が暗唱を始めると、子どもたちの真剣なまなざしが突き刺さる様。
私もそれに返す様に、一人一人の顔を見ながら話した。
途中で少し間を空けると、子どもたちがすかさず、いつも私がするように英語の音でth, th...とヒントをくれる
128ワードの暗唱を終えて、いつも子どもたちに指導している通り、最高のドヤ顔でThank you.
パチパチと拍手。
ありがとう。

 大好きな英語講師の安河内先生の本に「親しくなりすぎたら、圧倒的な力の差を見せつける」と書いてあった。私は生徒との距離は親子の様でありたいと思う反面、こうして時々英語指導のプロなんだというところも見せていたいと思う。親しみを持って心を開いて欲しいのと同時に、憧れを持って、そして私を飛び越えていってくれたらそれが一番嬉しいこと。
さ、飛び越えて行きなさい。暗唱発表会、楽しみにしてますよ。

  

2017年07月13日

OFF上手になりたい

 


 ここのところの毎年の目標が「ONとOFFが上手になること」だったけど、やっぱり頭の中がずーっとONだったことに、昨日気付いた。体は寝転がっていても、頭の中はいつも家族のこと、生徒のこと、仕事のこと、社会のこと…いろいろな問題を見つけ出しては、あれやこれやと想いを巡らせていた。それが趣味だから楽しいのだけれど、好きなことをしているからといって、頭や心がOFFかというとそういう訳でもない。

 では、どうやったらOFFなのか。どんな状態がOFFなのか。先日自分がOFFになった瞬間に気付いた。大好きな美容室でのこと。大きな窓から見える緑の木々。山の中の美容室だから、景色は全て自然。正真正銘の緑。
美容師さんが準備をする間、普段の私だったらその時間も惜しんで本を手に取って読んでいるのだけれど、なんとなく緑から目が離せずじっと窓の外を眺めていた。そんなに長い時間ではなかったけど、本当に無になった瞬間だった気がする。
『お待たせしました〜』と美容師さんが見えた時、ハッとした。
良質な睡眠をとった後みたいな爽快感。

 これが、私のOFFだ。

 休日に娘と街に出かけるのも、また自分のOFFだと思っていたけれど…なるほど、そのOFFとこのOFFは明らかに違う。

 年齢を重ねることは悲しいことの様に言われているけれど、長年連れ添ってきた、ちょっとくたびれた体をいたわることの心地良さを感じる。心と体がいたわりあって、私を作っていることを愛おしく想う。

 これからは、もう少しOFF上手になれそう。

 
  

Posted by Nami sensei at 07:59Nami先生のつぶやき

2017年07月08日

受け取り上手



 お月謝を私に渡す前に中身を確認していた生徒が

『うぁ、いいな〜。これ、欲しい』

『先生はお金が欲しいから、ぼくたちに辞めて欲しくないでしょう』

 と言うことがあります。

 チッチッチ。甘いね。仕事とはそんなもんじゃ〜ありませんのよ。
私は、あなたたちがいかに素晴らしい人たちか、そして私自身が学んできたこと、失敗して掴んできたこと、今も日々学び続けていること…
その全てを、あなたたち一人一人に届けているんですよ。
どうやったら一人一人にちゃんと届けられるか、日々そればかりを考えているんです。
それが届いたと実感した時が私の最高の瞬間
逆に上手く届いていないと感じた時、受け取ってすらもらえない時…思いっ切り凹みます。少しの間凹んで、翌週にはその子にちゃんと届く様にまたチャレンジします。その繰り返しの毎日です。

 お月謝袋におうちの方が入れてくださったお金が、何倍にもなってあなたたちを将来支えてくれる。先生はそれを信じて、心を込めて仕事をしています。一人一人をじっくり観察して、今あなたたちに必要だと思うものを一人一人に向かって投げ続けています。
どうぞ、それをキャッチしてくださいね。
おうちで、学校で、英語教室で、職場で…今までもこれからも、皆さんのことを愛する人達が、皆さんにたくさんの学びを投げかけてくれます。経験の中にもたくさん学びがあります。どうぞ、それを素直な心で受け取る練習をしてください。先生はお手伝いします。誰も分かってくれない…と思う人には、あなたのことをどれだけ見ているか、お伝えしましょう。

 毎日を生きる為にはお金が必要です。仕事をしてお金を得るのは、毎日を生きる事です。
人生を生きる為には、生き甲斐が必要です。私は皆さんと関わり続ける事で、皆さんの良いところをありったけ見つけ引っぱり出して、あなたに見せます。
それが私の行き甲斐なんです。  

2017年07月06日

やんちゃな、あの子




 先日、教室でかれこれ8年以上関わっている子たちと、小さい子クラスの話をしていた。
「こんなことしよったとよ〜可愛かろ?」
幼児は、本当に好奇心旺盛で好奇心むき出し。私も思いつかない様な事を次々としてくれるので、本当に面白い。
それを当たり前の様な顔をして話している私に、高学年ポカーン。
『そりゃ、ないやろ?』
『そんなこと、する?』

 あはは。8年前の私だったら、同じ事を言ってたかも知れないね。
正に今、私の目の前で呆れている君、君こそ数年前は自宅教室の時にレッスン中部屋を出て行って、私の自宅の中を探検していたではないか!?追いかけて連れ戻してはまた出て行く…を繰り返していたではないか!
…諸々話していたら、周りの子たちは思い出してニヤニヤしながら「うんうん」と頷く。

「え?忘れたと?」

当の本人は「え〜?ウソやん!」
いやいや、正に君が教えてくれたんだよ。幼児は好奇心旺盛。私が想定するよりも遥かにいろいろなことをしてくれるものだ、ってこと。
当時は大慌てで、とにかく追いかけ回しては連れ戻していた私。遠慮がちに子どもに接する自分の殻が、スルッと剥けたのは、あのお陰だと今も思う。体当たりで、一人一人と向き合う教室にしたい、と思わせてくれたのも、君なんだよ。

 今、目の前でレッスン中にしっかり座って聞いていること、英語で私と十分なコミュニケーションを取っていること、的確な意見で私を助けてくれること…あの頃は想像もしなかった、素晴らしい未来。全部全部嬉しい成長。だから、この仕事は辞められない。

 今この一瞬の関わりだけじゃない。この先にもっともっと楽しいことが待ってる。
みんなの日々の成長を楽しみにして、毎日教室で待っています。